テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

SixTONES、オーケストラと初コラボレーション!『題名のない音楽会』に登場<コメントあり>

4月23日(土)の『題名のない音楽会』に、SixTONESがゲストとして登場。

彼らが自身初となるオーケストラとのコラボレーションにチャレンジし、新たな魅力を開花させる。

『題名のない音楽会』では、SixTONESの高い音楽性に注目。今回、生オーケストラとの初コラボが実現することとなった。

クラシック界の第一線で活躍中の同世代若手奏者によって編成された特別オーケストラとともに披露するのは、『Everlasting』『Lifetime』『Imitation Rain』『マスカラ』の4曲。

1曲目は、ジェシーが「頭のハミングが気持ちよかった!」と語る『Everlasting』。

続いては、ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初優勝したチェリスト・宮田大も参加した『Lifetime』。 シューマンの名曲『トロイメライ』も織り交ぜたスペシャルアレンジでお届けする。

そして、SixTONESのデビューシングルであり、X JAPANのYOSHIKIが書き下ろした『Imitation Rain』には、世界的な注目を集める新星箏アーティスト・LEOが参加。「箏の曲かと思うくらいにメロディーがピッタリ!」とLEOが絶賛すれば、森本慎太郎も「すぐ横でパフォーマンスを見られたことに感謝」と共演に大興奮だ。

最後は宮田、LEOも加わり、全員でKing Gnuの常田大希が提供した『マスカラ』を。“セクシーさ”と“上品さ”が同居する見事なアレンジで、オリジナルとはまた違った表情を見せる。

◆SixTONES コメント

――出演が決定した際の率直なお気持ちをお聞かせください。

ジェシー:「うれしかったぁ(笑)!! いろんな形で音楽って表現できるんだなとあらためて肌で感じました。いつもはギラギラ、ワイルドにパフォーマンスしている曲も落ち着いて歌えましたし、オーケストラの皆さんとのコラボレーションは楽しかったです。ほかの曲もオーケストラでやってみたらどうなるんだろう?という楽しみも増えました」

京本大我:「ジャニーズのアイドルが出演するのはとても珍しい番組だと思うのですが、僕たちはデビュー3年目で、“まだまだこれから頑張って音楽やっていこう”というときに、こんなに素敵な機会をいただけて、率直にびっくりしました。僕たち自身目の前の音楽に真摯に向き合ってきたので、今の僕らにできる集大成をお見せできればと思っています」

松村北斗:「お話をいただいたときに、まず数年後の未来の自分を想像したんです。きっとデビュー3年という早いタイミングで、あんなにすごい場所に立てたんだと、思い返すんだろうな、と。いつか思い出した際に、今回の出演が僕たちのひとつの分岐点として刻まれていればいいなと思っています」

髙地優吾:「まずプレッシャーを感じました。オーケストラの皆さんとのコラボもはじめての経験でしたし、自分たちで務まるのかなといった不安もありましたが、今、自分たちが出せるものはすべて出し切るといった気持ちで挑もうと思いました」

森本慎太郎:「“え?出ちゃうの!?”といったワクワクな気持ちと、“どうなっちゃうんだ!?”というプレッシャー…期待と不安が半分半分でしたね。しかし、第一に楽しみたいなという気持ちがあったので、失敗しようが成功しようが出演できることに感謝して収録を行いたいなと思いました」

田中樹:「ジャニーズJr.時代から僕たちは音楽にこだわりをもってやってきたので、今までやってきたパフォーマンスとはまた違った形で披露できる場を設けていただいたことを嬉しく感じつつ、“務まるのか” という不安もあり…複雑な心境でした(笑)。しかし、自分たちがやってきたことを発揮しようと思って収録の日を迎えました」

――生オーケストラをバックに歌った際にこだわったポイントを教えてください。

ジェシー:「難しかったですね。音を聞きながら、指揮者も意識して、歌詞も間違わずに…手汗でマイクを落とさないように心掛けないといけませんから(笑)!まず、楽しもう!と心に決めて挑みました。いつか、お客さんが入った状態で披露できたらおもしろいだろうなと思いました!」

京本:「指揮者を意識しながら歌うというのははじめてのことで、かなり慣れない環境でした。普段の音源とは違うので難しさを感じながらも、生演奏だからこその迫力や壮大さに、僕たちもノッてくる場面がありました。大変でしたが、本番では指揮者やオーケストラの皆さんがリードしてくださり、難しさよりも楽しさが勝りました!」

松村:「何度も歌ってきた楽曲が、編曲が変わると新しく感じるんだと痛感しました。知っている楽曲が知らない楽曲になった感覚で不安になりましたね。これまでのパフォーマンスももちろん集中して披露してきたんですが、今回新たに気をつけるポイントがたくさんあったので、限界を突き破らないといけないと感じました」

髙地:「普段聞いている音源と違うなかで、サビでみんなと合わせないといけないタイミングを計ったりなど、初体験のことが多かったので、一生懸命ついていくことに意識を集中させて歌い切りました」

森本:「最初、みんなで合わせたときにすごく感動しちゃって…。ツアーでは今回披露した曲もパフォーマンスしているのですが、別の曲に聞こえましたし、オーケストラの音圧、会場である東京オペラシティの空気感、指揮者との合わせ方…それがはじめての経験すぎて、圧倒されました。代謝がいいので普段から汗っかきなのですが、今回の汗はいつもとはまた違った感じでしたね(笑)。生の演奏を楽しみながら歌えればいいなと思っていましたが、オーケストラの皆さんに本当に支えられました!」

田中:「シンプルに難しかったですね。普段は打楽器の音でテンポをとるのですが、それがないので最初は苦労しましたし、オーケストラの迫力に飲み込まれそうになったりもしたので、自分らしく、いつも通りにと平常心で臨みました」

――京本さんはチェロを学ぶ企画にも挑戦されましたが、いかがでしたか?

京本:「King Gnuの常田大希さんがチェロを弾いてらっしゃるとお聞きして、以前から興味があったのですが、なかなか実際に触れる機会に恵まれずに来ました。今回用意していただいたのでワクワクしていましたし、とても楽しめました!」

――髙地さんはボイスパーカッションでもオーケストラとコラボされましたが、いかがでしたか?

髙地:「ボイパって自分がビートの主軸にならないといけないのに、オーケストラの皆さんに引っ張ってもらえて、すごく安心感が生まれました。自分もひとつの“音”としてセッションできたことは貴重な経験でしたし、短いコラボでしたが楽しかったです。…緊張で唇がカサカサでしたが(笑)」

ーー田中さんは今日のためにリリック(歌詞)を書き下ろしてラップも披露されましたが、感想は?

田中:「短めではありましたが、書いてきました。海外ではラップとオーケストラとのコラボって昔からあったりするので、いつかやりたいなと思っていたんです。いざやってみると、すごく楽しくて! 丸々1曲やりたかったという欲が出ました(笑)」

ーー放送を楽しみにしている視聴者にみどころとメッセージをお願いします。

ジェシー:「オーケストラとのコラボが初挑戦なので、今までのパフォーマンスと聞き比べていただけると、また違った魅力が伝わるのではないかと思います。ぜひ、落ち着いた空間で楽しんでもらえたら嬉しいです。この番組を見てSixTONESを知ってくださる方も多いと思いますので、そういった方々にも僕たちの魅力が伝わればいいなと思っていますし、放送を機にライブにも足を運んでいただけるようになれば、僕たちもうれしいです!」

※番組情報:『題名のない音楽会
2022年4月23日(土)午前10:00~10:30、テレビ朝日(※地域により放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事