テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

キンプリ髙橋海人、『未来への10カウント』題字を直筆!木村拓哉に選ばれ「家宝になります」

木村拓哉主演の青春スポーツドラマ『未来への10カウント』(脚本/福田靖)。

4月14日(木)に放送された第1話のエンドロールで、かねてより告知されていた番組タイトルロゴを直筆したキャスト名が発表された。

そのキャストは、ボクシングの部長・伊庭海斗を演じる髙橋海人(King & Prince)。

このタイトルロゴは既報の通り、「番組タイトルは生徒役の誰かの直筆がいいのでは?」という木村の発案で誕生。誰が書いたかは伏せた上で木村自らがベストオブベストを選び、正式な番組ロゴとして採用した。

自分の手書き題字が選ばれるとは夢にも思っていなかった髙橋は、正式採用の報告を受けるや大喜び。「まさか自分が書いた題字を、木村さんが選んでくださるとは…本当にうれしくて、恐縮しています! その事実だけでもう“家宝”になります。額に入れて家に飾りたいです!」と声を弾ませた。

劇中で演じる伊庭のように、いつだって全力で目の前のことに取り組む髙橋。タイトルロゴを書く際も「提出する前に20回くらい書いた」という。

そんな彼の支えとなったのが、ほかでもない祖母の教え。「書いている最中は『もっと味のある感じの方がいいんだろうなぁ』と思いつつも、『字はきれいに書きなさい』というずっと守ってきた祖母の教えに沿って、丁寧に書きました」と髙橋。

「その成果が出て、番組の顔の一部を背負わせていただけるなんて、こんなに光栄なことはないです」と話し、笑顔を浮かべていた。

※番組情報:『未来への10カウント』第2話(※10分拡大スペシャル)
2022年4月21日(木)午後9:00~午後10:04、テレビ朝日系24局

※『未来への10カウント』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事