テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ジミー大西、画家になったキッカケは明石家さんまの言葉。IMALUとお絵描きしていたら…

4月12日(火)の徹子の部屋に、ジミー大西が登場する。

天然ボケの独特な芸風で知られるお笑い芸人・ジミー大西。

もともと吉本の劇場の裏方として働いていたが、仕事上の失敗で怒られていたところを明石家さんまに助けられ、のちに専属の付き人兼運転手になった。

そこでも数々の失敗を繰り返したジミーだが、さんまは温かい目で見てくれていたそう。

そんな中、さんまの長女・IMALUと一緒にお絵描きをしていたジミーの絵を見て「才能がある」とこぼしたさんまの言葉がキッカケで画家の仕事をするようになった。

かの岡本太郎も絶賛し、ジミーはスペインやイタリアのマルタ島などに移住して画家としての評判を上げていった。

今年は画家になって30周年の年。個展を1年にわたって全国で開くという。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年4月12日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事