テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・百田夏菜子「いい女エピソード」を暴露され、照れまくり!?

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、「ももクロ動向調査 TARGET13」をお届け! ももクロメンバーの知られざる一面があらわになる!?

◆CM出演の高城れには“国民的馬面”!?

この「ももクロ動向調査 TARGET13」は、2022年1月に行われた『ももいろクローバーZ 13周年記念コンサート ~再び、その先へ~』のライブ中に流れたVTRの完全版だ。

ももクロメンバーがサイコロを振り、出た目の数だけお題への回答を行うという企画。4人の出した目の合計が見事「13」になると、ご褒美が贈呈される。もしも「13」をオーバーしたメンバーは罰ゲームとあって、メンバーも気合いじゅうぶん。

ゲーム開始前に、進行を務める東京03・飯塚悟志から「13年活動してきて思うところはありますか?」と振られたメンバー。佐々木彩夏は「早い! 10年(過ぎて)からがとくに早い」と答え、高城れにも「10周年のライブ映像を観返すと、3年しか経ってないけど、大人になったなって気がする」と感慨深げ。

そんな高城に、飯塚は「ウマ娘じゃないですか!」と振る。高城出演のCMオンラインゲーム『ウマ娘』について飯塚に「“国民的馬面”になったわけですもんね」とイジられた高城は「そのキャッチフレーズになった覚えはないんだけど!」と反論しつつも「これほど馬面でよかったなって思ったことはない」と感謝するのだった。

◆「続けるって大事」

次に飯塚は、佐々木に「(佐々木は)若いアイドルの子たちからすると、大尊敬の存在」とコメント。佐々木は「『ももクロみたいになりたくてアイドルはじめました』って言ってくれる子もいて、時間の流れが恐ろしい」と話す。

玉井詩織は“クイズ番組の女王”と紹介されるも、これを否定。「ほんとここ(『ももクロChan』)が(クイズのレベル)低いのよ。自分がどのくらいできるのか正直わかんなかったから、はじめて外出たときに、世間のレベルの高さに気づくわけ。私けっこうできると思ってたけど…みたいな」と苦笑する。

「リーダーどうです? 13周年」と、最後に水を向けられた百田夏菜子はリーダーらしく「『ももクロChan』とか、いろんなものが10年を超えた」と長寿番組に恵まれていると話す。

「けっこう長くやらせてもらってるものが多くてうれしいし、続けてきたからこそだなって」という百田の言葉に、玉井も「続けるって大事ですね」と言葉をつないでいた。

◆百田夏菜子はいい女

そしていよいよ本題の「ももクロ動向調査 TARGET13」へ。最初にサイコロを振った百田は「2」を出し、お題は「百田夏菜子の『いい女だなぁと』と感じるところは?」に決定。

「夏菜子が御年賀としてメンバー全員にお茶を贈ってくれた」&「ご飯のお供をメンバー全員に買ってくれた」という、いい女エピソードがふたつ、メンバーから飛び出す。「ちょっとした手みやげをプレゼントできる」百田に、玉井は感心しているそう。

さらに玉井は「前髪だけを切りに美容院に行くところ」を、高城も「ことあるごとにボディクリームを買って塗る」を挙げ、百田のいい女っぷりを全員で褒める。百田も「めっちゃ言ってくれるじゃん!」と照れるのだった。

◆れにちゃんの元には“彼氏みたいなサンタ”が来る!?

次に玉井が出した目は「4」、お題は「いつか行ってみたい海外の都市」だ。玉井はスイスのラウターブルンネンという滝に囲まれた谷底の町と、自然豊かなバンクーバーを挙げる。

一方、佐々木はコペンハーゲン。女性のひとり旅も安心な治安のよさと、かわいくてオシャレな町に憧れているそう。名物のお皿を買って母にプレゼントしたいと言い、ママっ子ぶりも健在だ。

そして高城は「サンタさんのいる国!」と即答するも、フィンランドのロヴァニエミが出てこない。しかし高城は「クリスマスに対するモチベが高い」(佐々木)という。

今でもサンタが来るという高城は、飯塚に「28(歳)のウマ娘の元に?」とツッコまれる。ちなみに昨年枕元に置かれていたサンタからのプレゼントは「キーケース」。これには佐々木も「彼氏みたいなプレゼントくれるじゃん」と大爆笑するのだった。

◆ももクロは最高の仲間

ゲームは佐々木が「1」を出し、残りが「6」に。ラストにサイコロを振るのは高城だが…なんとここで見事「6」を出し、ぴったり「13」を達成! しかし飯塚に「よく言ったら奇跡を起こす女だけど、悪く言ったらおもしろみがないよね!」とツッコまれるのだった。

そして飯塚がお題箱から引いたのは「ももクロに入ってよかったと思うことは?」というラストにぴったりな質問。玉井も「サトシも合わせてチームワークだね!」とニッコリ。

ここで高城が真っ先に出したのは「最高の仲間ができたことですね」というエモすぎる答え。このクサすぎるセリフに全員大爆笑。

これを上回る答えはないと3人は困るが、なんとか残り5つひねり出さなければならない。佐々木は「最高の仲間と、最高のファンのみなさんと一緒にやれるライブ」を挙げる。

玉井は「いろんな夢を見つけられて、叶えることができてること」と回答。「ももクロでなかったら、『どうしてもこれになりたい!』という熱い夢はなかった」と振り返り「最高の仲間といろんな夢を叶えてきた!」と高城の作ったムードに乗せられる。

最後に締めを任されたリーダーの百田は「メンバーカラーへの愛着が生まれたこと」と「メイクの手順が自然と身についたこと」という地味めな回答に加え、最後に「モノノフさんに出会えたことー!」と答える。

13周年を迎えても変わらないももクロのキュートなところも、マジメで熱いところも、すべてが詰まった神回だった。

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年4月8日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事