テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

井頭愛海&尾碕真花、『妖怪シェアハウス』続編&映画に出演!先輩・小芝風花は「心強かった」

小芝風花演じる気弱な女性・目黒澪(めぐろみお)が、どん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、やがて直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し成長していく姿を描くホラーコメディー妖怪シェアハウス

前作から約1年半の時を経て4月9日(土)から放送スタートする続編『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』、そして6月に公開する映画に、井頭愛海と尾碕真花が出演することが決定した。

◆井頭愛海、成功を願うミュージシャン役を熱演!

井頭が今作で演じるのは、澪の元アルバイト仲間でミュージシャンの笹原小梅。

第2話と第3話、そして映画に登場する小梅は、澪に負けず劣らずこれまで数々の不幸を経験しており、自分の不幸話を作詞するほど。実は大きな悩みを抱えており、それがきっかけである妖怪騒動に巻き込まれていくことになる。

そんな小梅を演じる井頭は、2012年に「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し芸能界デビュー。2013年に映画『おしん』で女優デビューをはたし、連続テレビ小説『べっぴんさん』(2017年)で芳根京子演じる主人公の娘役を演じ一躍注目を集めた。

以降もドラマ、映画と注目作へ続々と出演し、2020年には『鬼ガール!!』で映画初主演、2022年5月からは自身初となるミュージカル『るろうに剣心 京都編』の出演も決まるなど、今もっとも勢いのある女優のひとりだ。

『妖怪シェアハウス』への出演が決まった井頭は、「前作がとってもコミカルでおもしろい作品だったので、今回参加させていただけるのがとっても嬉しかったです!」と喜び、「私が演じた小梅は妖怪たちに負けないくらいパンチのきいたロックな女の子なので、ぜひ注目してください!」と気合十分に語る。

◆尾碕真花はキラッキラのお嬢様秘書役に!

そして、尾碕が今作で挑むのは、澪が関わることになる外資系IT企業に勤めるお嬢様秘書の白鳥芽衣役。シーズン2の第4話以降、そして映画に登場する。

実家が裕福で何不自由なく育ったであろう芽衣は、澪とは真逆のキラキラ系女子で、どこか無邪気な一面も持ち合わせる。

そんな芽衣を演じる尾碕は、2012年に「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019年)のヒロインでアスナ/リュウソウピンク役で一躍注目を集めた。

『リュウソウジャー』では元気で愛嬌がある一方で、誰よりも怪力という女の子を演じた尾碕が、今作では一転、お嬢様秘書役をどう魅せてくれるのかに注目だ。

「皆様に愛されている作品に出演できること、とても嬉しく思います」という尾碕は、芽衣を演じる上で「箱入り娘の苦労知らずなお嬢様だけど憎めない子、というのを意識して演じています」と語る。

また、「各箇所におもしろさが散りばめられているので、皆さんテレビの前でたくさん笑って楽しんでください!」とメッセージを寄せている。

◆尊敬する先輩・小芝風花との共演に感謝しきり!

井頭、尾碕は、ともに今作が小芝との初共演。事務所の先輩である小芝を以前から尊敬していたそうだが、共演してみてその思いをさらに強くした様子。

「一緒にお芝居するのが楽しみでした」という井頭は、「撮影中とても心強かったです。同じ大阪出身ということもあって、現場では2人で関西弁トークを繰り広げていました(笑)。現場の空気を一気に明るくできる力を持っている風花ちゃんは本当に尊敬しています!」とコメント。

尾碕も「たくさん勉強させていただききました。お芝居への向き合い方や、周りの方への気遣いなどがとても素敵な優しい先輩です」と語り、頼れる先輩・小芝に感謝しきりだった。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-
2022年4月9日(土)スタート!【毎週土曜】よる11:00~11:30、テレビ朝日系24局
<初回は1時間カッパスペシャルとしてよる11:00~0:00放送>

※映画『妖怪シェアハウス』、2022年6月公開

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事