テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『ザ・タイムショック』で異常事態!ノート14冊…クイズ猛者18人が桁違いのパワーアップ

本日3月30(水)、1年半ぶりの個人戦となるザ・タイムショック2022~超ハイレベルクイズ王決定戦SP~が放送される。

今回挑むのは、4度目の頂点を目指すカズレーザー、優勝経験のある宮崎美子、やくみつるらクイズレジェンド、初代女王の三浦奈保子、ジャニーズきっての頭脳派・阿部亮平(Snow Man)と川島如恵留(Travis Japan/ジャニーズJr.)、頭脳派アイドル・山崎怜奈(乃木坂46)、そして“クイズサイボーグ”の異名を持つ才木玲佳など同番組の常連組。

さらに、フリーアナウンサーの青木源太、植田紫帆(オダウエダ)、大園玲(櫻坂46)、4代目バチェラー黄皓、粗品(霜降り明星)など新参戦組まで総勢18人のクイズ猛者たちがそろう。

ただでさえ高い実力の持ち主たちだが、この日のため全員が想像を絶する特訓を重ねて挑んできていることが発覚。MCの中山秀征が「過去一」と称する超ハイレベルな『ザ・タイムショック2022』、一体どんなドラマが生まれるのか?

◆1stステージからまるで決勝戦レベルの対決!

誰が優勝してもおかしくないクイズ猛者たちが集結し、今回の『ザ・タイムショック』では1stステージからハイレベルで予測不能な展開が繰り広げられる。

その幕開けを飾った最初の対決は、宮崎と粗品。粗品の実力はいかほどなのか未知数ながら、対決後にはカズレーザーが思わず「めちゃくちゃいい試合でしたね!」というほどの展開が待ち受ける。

さらに、三浦VS天明麻衣子の東大先輩後輩対決や、阿部VS黄皓の高学歴イケメン対決など見逃せない対決が続々と実現。

さらに、知識ではなくひらめき力が鍵となる「ひらめきステージ」では、問題が出題される度に出演者から「難しい!」と声が上がり、時には粗品が「イーっ」と叫び、えなりは「やってしまった!」と頭を抱えるなどパニックに陥る人が続出。

もはや勝者を予想するのが不可能な意外な展開を見せることになる。

◆決勝戦では前代未聞の展開が!

出演者たちは、今回の『ザ・タイムショック』個人戦に並々ならぬ思いで挑む。

ジャニーズの頭脳派で毎回見事な実力を見せながらも決勝進出はいまだ叶っていない阿部と川島は、熱い思いを抱え、ジャニーズの初の決勝進出、そして優勝を目指す。

また、クイズサイボーグ・才木は、前回驚異の正解率を叩き出しながらも悔し涙で終わり、雪辱をはたすために勉強したノートの数は14冊!

そんな熱い出演者たちの思いが、衝撃の記録更新の嵐を生むことになる。

3時間の放送の中で全問正解記録がどんどん塗り替えられていくが、その驚異の記録を叩き出すのは一体誰なのか? そして、その末に迎える決勝戦では、さらに凄まじい展開が!

全てが前代未聞となる『ザ・タイムショック2022~超ハイレベルクイズ王決定戦SP~』。最初から最後まで一瞬たりとも目が離せない展開に注目だ。

※番組情報:『ザ・タイムショック2022~超ハイレベルクイズ王決定戦SP~
2022年3月30日(水)午後7:00〜午後9:54、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事