テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

井ノ原快彦、『特捜9』新キャスト加入で「いい化学反応」 主題歌はトニセン新曲に決定

4月6日(水)にスタートする井ノ原快彦主演のミステリードラマ特捜9 season5

放送開始を前に、浅輪直樹刑事を演じる井ノ原快彦、国木田誠二班長に扮する中村梅雀、そして新メンバーとして今シリーズより参加する三ツ矢翔平役の向井康二(Snow Man)が合同取材会に登場した。

個性が強すぎることでおなじみの特捜班メンバーが、相変わらず衝突しながらも、事件解決という同じ意識を共有し全力で捜査に当たる『特捜9』。

新メンバーも加わった撮影現場の雰囲気に関して井ノ原は、「4年かけて作り上げてきたものが成熟してきた中に、新しいキャストの方々が入ってくださったことにより、いい化学反応が起きていますね」と確かな手応えを感じている様子。

中村も「僕は加入してから3シーズン目ですけど、相変わらずスゴいライブ感あふれるチーム」と、スタッフ・共演者たちとの再会を喜ぶ。また「新メンバーが加わっただけで、みんなが若返って、えらい雰囲気が違う」とフレッシュさも実感。

話を振られた新メンバーの向井は、先輩たちからさまざまなアドバイスをされていることを明かし、「このドラマをきっかけに成長できそうな気がします!」と瞳を輝かせていた。

『特捜9』の醍醐味は、事件解決へと導く特捜班メンバーの痛快な活躍と、キャラクターの背景にまでスポットを当てた丁寧な人物描写の数々。

これに関して井ノ原は、「視聴者の皆さんは、それぞれのキャラクターをわかってくださっている方が多いと思うんですけど、『まだ知らないことがあったんだ!』ということがたくさん出てくると思います」とさらなるキャラクターの深掘りに言及。

中村も「国木田に関して言えば、今回はまた『あらぁ!』と驚くような別の過去が…」と期待をあおる。そして向井は、「三ツ矢は井ノ原さん演じる浅輪直樹に憧れている」と自身のキャラクターを分析。

劇中で浅輪と三ツ矢がどのようなやり取りを披露してくれるのか、期待が高まるところだ。

◆主題歌は20th Centuryの新曲に決定!

これまでのシーズンの主題歌は全てV6の楽曲が使用されてきたが、今回は20th Century の新曲『夢の島セレナーデ』に決定した。

井ノ原とも交流のあるバンド「サニーデイ・サービス」の曽我部恵一が楽曲を提供。曽我部の神髄ともいえる“大人のフォークロックサウンド”となっており、サニーデイ・サービスは演奏にも参加。シンプルでありながらツボを押さえたプレイが聴きどころとなっている。

そんな曽我部は、「トニセンの3人に“今”歌ってほしい曲を書こうと思いました。僕たちが自分たちの今日を愛し、輝ける明日を信じられるよう願って作りました」とコメント。

歌詞にポジティブなメッセージが詰まった楽曲について井ノ原は、「つらいことや悲しいことが起こるんですけど、そんな中でも一筋の希望をつかんで笑顔で歩んでいく…というのが、すごく作品と合致している気がしている」と語り満足げな表情をみせる。

また、「坂本くんも長野くんも『特捜9』の主題歌になることをとても喜んでいました!」と、メンバーとの固い絆もアピールした。

※番組情報:『特捜9 season5
2022年4月6日(水)スタート!【毎週水曜】よる9:00~、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事