テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・高城れに、いぶりがっこをつまみ食いして玉井詩織に怒られる!?

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードは「ライブ会場の一角にカメラを置いたら◯◯が撮れました」と、前回に引き続き「炬燵(こたつ)でまったりゲーム大会」をお届け!

◆高城&玉井、入れ替わって大はしゃぎ

番組の名物コーナー「ライブ会場の一角にカメラを置いたら◯◯が撮れました」は、その名のとおり、ライブ会場の舞台裏に設置された定点カメラに映るももクロの素顔が楽しめる企画だ。

今回は、秋田県湯沢市・湯沢文化会館で開催された、東北地方在住者のみが参加できるももクロのライブ「origin」にカメラを設置。今回はどんな◯◯が撮れているのだろうか。

最初にカメラの前に現れたのは、百田夏菜子。パーカーをめくり上げて、中に着ているTシャツを見せようとするが、急に恥ずかしくなったのか、ためらってやめる。視聴する側にとってはそんな些細な姿が見られるのも、この企画のいいところなのである。

百田は玉井詩織が番組ロケで訪れたお店で購入したTシャツを着ているのだ。メンバーそれぞれのカラーを買い、おそろいにしたようだ。それを見たがるスタッフのために、百田は自分のメンバーカラーである赤いTシャツを披露してくれたのだった。

次に現れたのは、高城れにと玉井、そして佐々木彩夏だ。自身のメンバーカラーは紫なのに、なぜか黄色を着ている高城は鼻にかかった甲高い声で「玉井詩織です!」と登場。

少し遅れてやってきたメンバーカラー黄色の玉井は、紫を着て同じく奇妙な声で「高城れにです!」と自己紹介。お互いのモノマネをしているようだ。それにしても、お互いのカラーを交換して着る仲のよさが微笑ましい。

その後も高城は「雪だるま作ってきまーす」といって、振付担当のアンナ先生とともにカメラの前を駆け抜けていく。そして、「れにちゃんどこ行った?」と言いながら、カメラも見ずにあとを追う玉井。どうも建物の外に出たようだ。

再びふたりで戻ってくると、高城は雪の塊を抱えて「雪だるまー」と見せてくれる。子供のように雪にはしゃぐふたりだった。これからライブだというのに雪国を満喫し楽しんでいる姿は、本当に無邪気で清々しささえ感じる。

◆れにちゃん、本番前にいぶりがっこをつまみ食い!

番組スタッフから秋田名産の差し入れ、はたはた、いぶりがっこ、いぶりがっこチップスをゲットした玉井。スタッフ曰く、それらは玉井のリクエストだったとのこと。

番組から差し入れをもらったぶん、お返しにカメラの前でトークをしてくれる玉井。さすがの律儀さだ。本番前だから、差し入れはあとでのお楽しみに取っておいたのだが…。

カメラの前を通った高城が、玉井の置いておいた差し入れに気づくと大興奮。「えー待ってヤバくない? 食べたい、めっちゃ食べたい、今食べたい」と言い出して、いぶりがっこをパクリ!

ボリボリと、いい音を立てながら食べる高城は「うまっ! 白いごはん食べたくなるのと、スモークチーズ乗っけたくなる」とご満悦だ。

本番直前、カメラ前にはライブ衣装に着替えた高城と佐々木、そして玉井が現れ、カメラにご挨拶。ここで玉井が「もらったやつ、置いてってたので…」と言うと、高城が「食べちゃった!」と告白。

「私がもらったのに〜!」と少し怒ったフリをする玉井は、「本番前にいぶりがっこ食べたの!? 臭っさ〜」と鼻をつまみ、高城に逆襲するのだった。

今回の定点観測も見どころ満載である。

◆「絶対れにちゃんと家でやりたくない」

番組後半は、前回に引き続き「炬燵でまったりゲーム大会」。

今回遊ぶのは「ナンジャモンジャ」。これは、山札から1枚ずつカードをめくり、札に描かれた謎の生物のイラストに名前をつけていくゲームだ。

山札には同じイラストが複数枚あり、名づけられた生物が再び山札から現れたとき、いち早くその名前を呼んだプレイヤーが、その時点でめくられたカードを総取りする。最終的に一番多くカードを持っているプレイヤーが勝ちとなる。記憶力が試されるゲームだ。

出てくる生物のイラストは全部ヘンテコなので、自然とおかしな名前がつきやすくなる。そのため、みんなで笑いながらできるのも楽しい。

変わった名前をつけるのが得意なのが高城だ。「エンドウさん」や「おちょう」、ほかにもメンバーの目の前でカメラをまわす番組カメラマンの古俣さんにちなみ「こまたろう」と名づけていく。

みんなでこの変な名前のカードが出てくるたびに、その名前を絶叫するものだから、全員で笑いのツボに入ってしまう。3人がただひたすらケラケラ笑っている姿が楽しい。

高城は名前を呼ぶ声がひときわ大きく、佐々木に「絶対れにちゃんとは、家でやりたくない…」と苦笑。「静かになんてできるわけがない」と反省する様子のない高城は、このあともカメラマンを指差しながら「こまたろう!!!」と大声を出すのだった。

ヒートアップした3人は、ちゃんちゃんこを脱いで、さらに熱戦を繰り広げる。どんなゲームでも全力で楽しむももクロの姿は、見ている側も楽しくさせるのだ。

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年3月25日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事