テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

三浦涼介、『科捜研の女』に登場!渡部秀との“オーズコンビ”が10年ぶり奇跡の競演

沢口靖子主演の人気ミステリー科捜研の女 season21

3月24日(木)放送の第16話では、『仮面ライダーオーズ/OOO』シリーズのアンク/泉信吾役で知られる俳優・三浦涼介がゲスト出演する。

ある複雑な思いを胸に小学校のスクールサポートスタッフとして働き、やがて事件のキーマンとなる青年をミステリアスに演じる。

◆6年前の殺人事件の凶器が発見…体育館の幽霊との関係は?

第16話のストーリーは、マリコ(沢口靖子)たちが橋口呂太(渡部秀)の母校である小学校の「科学クラブ」に招かれて、特別講師として授業を行っているシーンからはじまる。

やがて、教卓の裏から、血液反応のある不審なハンマーがテープで留められているのが発見されて…。

子どもたちは体育館に憑りついているとウワサされる幽霊“体育館のハナコさん”の仕業の可能性も示唆するが、はたして誰がはり付けたのか?

マリコの鑑定の結果、付着していた血液は、6年前に体育館で殺害されていた同校の校長のものだと判明。

学校に出入りしていた学校写真カメラマンの男が犯人として逮捕されたが、犯行を否認し続けながら取り調べ中に心筋梗塞で急逝。

被疑者死亡で、真相は藪の中となっている事件。ハンマーは6年前の凶器なのか…。

また、ハンマーが留められていたテープから採取された“メダカのエサ”から、学校でエサやりを担当している、教師に代わってプリントの印刷、児童の作品の掲示など行う“スクールサポートスタッフ”の古江美智流(三浦涼介)が浮上するが…。

はたして、6年前の殺人事件の真相とは? そして“体育館のハナコさん”の正体とは?

マリコが小学生に負けじと、科学の力で真相追及にあたる。

◆“盟友”渡部秀×三浦涼介、10年の歳月を超え『科捜研』でタッグ

2002年に俳優デビューをはたして以降、数々のドラマ、映画で活躍するだけでなく、歌手としても才能を発揮する三浦涼介。

そんな彼が今回演じるのが、悲しい過去を胸に秘めたミステリアスなスクールサポートスタッフの美智流。寡黙で掴みどころのない一面を見せながらも、マリコたちと対峙し感情を爆発させる場面もあり、まさに“静”と“動”を巧みに使い分けた好演が光る。

また、出世作である『仮面ライダーオーズ/OOO』でともに切磋琢磨し、人気作へと築き上げた盟友である、呂太役・渡部秀との再びの演技合戦も実現!

2人は『仮面ライダーオーズ/OOO』最終話の10年後を描く完全新作、Vシネクスト『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』で火野映司×アンクとして共演を果たしたばかりだが、今作ではまったく違う役柄で久々に相対することに。

互いを「秀くん」「りょんくん」と呼び合うほどの“良き相棒”である彼らが魅せる、ファン垂涎の再競演に注目だ。

※番組情報:『科捜研の女 season21』第16話
2022年3月24日(木)よる8:00~よる8:54、テレビ朝日系24局

『科捜研の女 season21』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後にドラマ本編を配信。また、過去全シーズン&スペシャルドラマ250話以上も見放題配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事