テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

王林、“下心を感じた男性芸人ランキング”を発表!「休憩時間ずっと私の隣にいた」

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて好評配信中の『納言幸のやさぐれ酒場』。

お笑いコンビ「納言(なごん)」の薄幸が、さまざまなゲストとサシ飲みしながら赤裸々トークを繰り広げる人気企画だ。

3月11日に公開された動画には王林が登場し、「下心を感じた男性芸人」のランキングを発表している。

◆「ただただ私の隣にいるだけ」

まず王林が3位にあげたのは、平成ノブシコブシの吉村崇。どんなところに下心を感じたのかというと、意外にも「住んでいる場所を聞いてくるところ」だそう。

「会うたびに『東京に住んでんでしょ。どこに住んでんの?』って聞かれて『青森に住んでます』て言っても、『いやいや。どこどこに住んでるんでしょ』って」(王林)

いつもこの質問をしてくる吉村に対し、王林は「絡みづらい」と一刀両断。率直すぎる物言いで、幸を爆笑させる。

つづいて2位にランクインしたのは、EXITのりんたろー。

「毎回、私の衣装の“布の量”を言ってくるんですよ。『今日布少なめだね』って。ちょっとやめてほしいなと思った時期があって…」(王林)

幸はこの話を受け、「直接『すごい(肌が)出てるね』と言わないように気を遣ってるのかもしれない」とフォローすると、王林は「そんなこと言うくらいなら、言わなくていい」と渋い顔。

ただし、りんたろー。の人柄については「優しい方」と称賛していた。

そんなぶっちゃけトークで盛り上がる中、王林が下心を感じた芸人1位に挙げた人物は、霜降り明星・せいやだ。

番組で一緒になって、休憩時間ずっと私の隣にいたんですよ。芸人さんいっぱいいるのに。急に来て、何も話さなくて、ただただ私の隣にいるだけ」(王林)

せいやのこの謎すぎる行動に、「怖っ!何それ!」と幸も驚く。

わざわざ隣に来たのに何も話さず、ずっと隣にいたのはなぜなのか…? せいやの真意のほどはわからないが、王林は「怖くて、『なんでこの人隣に来たんだろう?』って思って、ちょっと気持ち悪いな」と感じたことを明かしていた。

動画ではこのほか、幸の「下心を感じた芸人ランキング」も発表。さらに、王林が理想の結婚相手について告白している。

※テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』はこちら

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事