テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・佐々木彩夏、謎のハイテンションで「れにちゃん倒れろ。いぇいいぇいいぇい」呪文を唱える!?

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードは前回に引き続き、「炬燵(こたつ)でまったりゲーム大会」をお届け。ご褒美をかけて、玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏の3人がゲームを行う!

◆メンバーの真剣な表情が観察できる良企画!

#562から続くこの「まったりゲーム大会」。現金1万円やプリペイドカード5千円分が賞金とあって“まったり”とは名ばかりの熱戦を繰り広げている。

前回までの獲得ポイントは、佐々木6P、玉井5P、高城3P。緊張に弱く、手が震えがちな高城が一歩出遅れたかたちだが、結果はいったいどうなる!?

今回3人が遊ぶのは、「ウノスタッコゲーム」。カードゲームの「ウノ」と、ブロックタワーゲーム「ジェンガ」を組み合わせたようなゲームだ。

ルールは簡単。プレイヤーは順番にブロックタワーから1本を選んで抜き取り、タワーを崩してしまうと負け。ただし、抜き取るブロックは、前のプレイヤーが抜いたものと同じ色か同じ数字しか選べない。使っていいのは片手のみだ。

それにしても今回の「まったりゲーム」は、メンバーを、アップで映してくれるため、真剣にゲームに取り組むその表情が実に見応えがある。

高城は瞳を大きく開いたり、時に手を震わせながらブロックを抜く。

時折眉間に少しシワを寄せたり、口を開いたり尖らせたりする玉井は、真剣そのもの。

佐々木は立ち上がっていろんな角度からタワーを見つつ、楽しそうにブロックを抜き続ける。

三者三様のゲームへの向き合い方が、メンバーのキャラクターをしっかり見せていて、とてもおもしろい。

一見地味だと思った「まったりゲーム大会」だが、そんなふうに素のメンバーが見られる良企画となっているのだ!

◆絶好調なあーりん、謎のコールを叫ぶ!

玉井と高城が苦戦する一方で、佐々木はらくらくと自分のターンをこなしていく。

終盤になっても「なんかすんなり取れちゃった」と笑い、玉井も思わず「(獲得ポイントトップの)あーりんを負けさせないといけないのにぃ!」と悔しがる。

立ち上がって、手を叩き、左手でガッツポーズを決める佐々木は「いいよ! 今日調子いいよー!」とカメラにスマイル。

その後も大苦戦し、絶叫してしまう高城に対して佐々木は「倒れろ、倒れろ、れにちゃん倒れろ。いぇいいぇいいぇい」という謎の呪文で煽っていく。

そんな絶好調な佐々木に対し、寄り添い合って団結する玉井と高城。勝利の女神はどちらに微笑むのか!

◆あーりん、タワーとともに崩れ落ちる

決着の瞬間は唐突に訪れる。ここまで絶好調で調子に乗っていた佐々木だが、自分のターンで指定のブロックがすべて抜きづらいことを察すると、頬づえをつきながら「無理じゃん…」と弱音をこぼす。

ここまで難しいターンを切り抜けてきた玉井と高城は、互いの両手を合わせながら「ついにこのときが…!」と歓喜。高城は「倒れる瞬間を見ましょう!」と勝利宣言。そしてついにそのときが訪れる!

佐々木が「これはヤバい…」と言いながら、重たいブロックをずらすと、タワーが崩れ落ちる。それと同時に、佐々木も畳の上に仰向けで倒れてしまう。

「やったやった、あーりんを倒したー!」と高城が言うように、文字どおり倒れてしまった佐々木。20分以上に及ぶ「ウノスタッコゲーム」だが、まったりとはほど遠い、白熱の闘いとなった。次回も続く「炬燵(こたつ)でまったりゲーム大会」、さらにヒートアップすること間違いなしだ!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年3月18日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事