テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

霜降り明星せいや、“第七世代”中心メンバーたちに「今日で解散しよう」 多数決の結果は…

3月17日(木)のアメトーーク!では、「第七世代、その後…」が放送される。

スタジオには、お笑い界を活性化した若手芸人“第七世代”の中心メンバーである霜降り明星、EXIT、宮下草薙、四千頭身が集結。大ブームを巻き起こした当時を振り返りつつ、現在、そして未来の第七世代について語り尽くす。

「最近、テレビで“第七世代”という言葉が使われなくなっている」というせいや(霜降り明星)の言葉に、兼近大樹(EXIT)は「いやいや、第七世代の力を見せつけてやりましょうよ!」と張り切るのだが…。

まずは、第七世代ブームのときに起こったあんなことやこんなことを大暴露。せいややりんたろー。(EXIT)が陣内智則を「第七世代のお父さん」と呼ぶワケは?

さらに、6.5世代として何かと比べられることの多かった斉藤慎二(ジャングルポケット)の本音とは?

一方、そのブームを一歩引いて見ていたという宮下兼史鷹(宮下草薙)は、相方の草薙航基から当時の“ある”発言を暴露されてしまう。それを聞いたほかのメンバーは…。

また、芸歴2年目で一躍時の人となり、出演番組が激増した四千頭身。激動の時期を過ごした今、「第七世代と真摯に向き合ってみた」という後藤拓実が思うこととは?

そんななか霜降り明星が、早くから6.5世代やNEXT第七世代との“VS形式”に目を付けた『アメトーーク!』に物申す。

さらに、「僕らは第七世代のメインじゃなかった」という宮下草薙と、ブームを謳歌していたりんたろー。の温度差も明らかに。

ほか、「第七世代乗っかり芸人を捕まえろ!!」では、第七世代として仕事をしてきたにもかかわらず、最近はそのくくりから逃げているのではないかという疑惑のある芸人を緊急取り締まり! マネージャーとの会話を隠し撮りして本音を探る。

ターゲットとなるのは、ぺこぱ、すゑひろがりず、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)。はたして、乗っかり疑惑を掛けられた3組の本心とは?

さらに、“第七世代”の言い出しっぺであるせいやが「今日で解散しよう」と言いはじめ、急きょメンバーの多数決で解散するか継続していくかを決めることに! しかし、そこでまさかの展開が巻き起こる。

※番組情報:『アメトーーク!』「第七世代、その後…」
2022年3月17日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事