テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

「みんな心の160km/hだ!」ティモンディの指導でももクロの野球の才能が開花!?

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

今回のテーマは「エース」。野球芸人として知られるお笑いコンビ・ティモンデイが登場する。今シーズンのプロ野球でももクロが始球式を務めるかもしれないので、そのときのために特訓をしようというのが今回の趣旨だ。

ティモンディが登場すると、メンバーも「よっしゃー!」と声を上げて大喜び。ティモンディ・前田裕太も「最終的には球団のエースを張れるくらいに(指導します)」と気合いじゅうぶん。

甲子園常連校の野球部出身のふたり。特に高岸宏行は、高校時代に147km/hを記録するなど、プロも注目した存在だった。

さっそく、高岸がスタジオでピッチングを披露すると、あまりのスピードにメンバーも驚愕。高岸が「今日はこれをやってもらいます」と言うと、「無理無理!」(高城れに)とメンバーも悲鳴を上げていた。

以前、ももクロが東京ドームで球速を測った際には、佐々木彩夏がなんと「18km/h」という衝撃の遅さを記録。「逆に打てないと思います」と高岸も驚いていた。

まずはメンバーのピッチングを確認。メンバーそれぞれが球速を測り、注目の佐々木の記録は「49km/h」。前回よりもスピードが上がっていた。

そしてさっそく、コントロールを上げるトレーニングを実践。「コントロールには“集中力”が大事」という高岸は、バットを手のひらに乗せてバランスを取る練習を披露。どちらが長くバランスを保てるのか、高岸ひとりに対し、ももクロはチームで挑む。

続いて、球速を上げるトレーニング。「球速を出すには爆発力が大事」(高岸)ということで、「本気の声の出し方」を披露する。好きな言葉やものの名前を叫びながら投げる、という高岸流の指導に対し、メンバーは「うに!」(玉井詩織)「めんたいこ!」(百田夏菜子)「盗塁成功!」(高城)「おふとん!」(佐々木)とそれぞれ好きなワードを叫ぶ。

そしていよいよ特訓の成果を試すべく、再び球速を測る。なんと、玉井、百田、高城は最初の測定よりもスピードがアップしていた。そして、最後に佐々木のピッチングに注目が集まる。「おふとん!」と叫びながら投じた佐々木の球速は、果たしてアップしているのか…?

そして、最後に高岸から「みんな、心の160km/hだった」というポジティブなコメントが送られる。今シーズン、ももクロのメンバーが始球式に登場するのを楽しみに待ちたい。

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2022年3月12日(土)深夜3:20~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事