テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『となりのチカラ』DV夫から妻子を救え!チカラ(松本潤)の呼びかけで住人たちが一致団結

松本潤主演の社会派ホームドラマ『となりのチカラ』。

3月10日(木)放送の第6話では、ついに中越家のお隣、木次家に大きな動きが!

DV疑惑のある夫から妻子を救おうと、マンションの住人が一致団結する。

◆達代と好美を救うべく住人たちが立ち上がる!

チカラ(松本潤)が引っ越してきて最初に関わったのが、お隣に住む木次家。娘の好美(古川凛)が父の学(小澤征悦)から虐待を受けているのではないかと思ったチカラは、どうにかして好美を助けようと尽力する。

息子の高太郎(大平洋介)からアイデアを得て手旗を渡し、少しずつ好美の心を開いていくチカラ。しかし、第6話でついにその手旗が学に見つかってしまう。

好美がさらなる虐待を受けることを心配し、再び木次家に介入しようとするチカラだが、学から激怒され、「二度とうちの家族と関わるな」と告げられ…。

困ったチカラは道尾頼子(松嶋菜々子)、柏木清江(風吹ジュン)、マリア(ソニン)らマンションの女性陣に協力を依頼。今やお互いに助け合い、明るい方向に向かっていた住人たちは、好美と達代(映美くらら)を救おうと、住人総出で木次家に1時間おきの“ピンポン攻撃”を仕掛けることに!

アカリ(上戸彩)が山盛りの唐揚げを持っていったり、頼子はクッキーを持っていったりと総力を挙げて問題に立ち向かう。

しかしますます学の怒りを買ってしまい、絶望した達代はついにとんでもない行動に出ようと…!?

窮地に陥ったとき、いつもはチカラが発する「あー、思い出した!」という起死回生の言葉――今回はそれを妻のアカリが発する。

同じ“子をもつ母親”として達代に語りかけるアカリ。その言葉は達代の心に届くのか?

さらにマンションの住人たちの問題を数々解決してきたチカラ一家にもある衝撃的な出来事が起きることに…。

はたしてチカラはどんな決断を下すのか、そしてアカリの行動は…?

◆第6話 あらすじ

いつものように中越チカラ(松本潤)が向かいのカフェから何気なくマンションを見ていると、お隣の木次家に異変が…。チカラが好美(古川凛)に渡した連絡用の手旗が、ついに学(小澤征悦)に見つかってしまったのだ!

好美が激しく叱責され、また虐待を受けるのではないかと、チカラは慌てて木次家に駆けつけるが、逆に学から「人が虐待してるって決めつけやがって」と声を荒らげられてしまう。怯える達代(映美くらら)と好美の様子に、このままでは2人に被害が及んでしまうと、ひとまずは引き上げるチカラ…。その日から木次家のカーテンは固く閉ざされてしまい…?

そんなある日、いつものカフェに学がやってくる。いい機会だから…と腹を割って会話をしてみようとするチカラだったが、逆に学に言いくるめられてしまった上、「二度とうちの家族と関わるな」と釘を差されてしまう。

困ったチカラは道尾頼子(松嶋菜々子)、柏木清江(風吹ジュン)、マリア(ソニン)らマンションの女性陣に協力を依頼。頼子たちは「警察に相談してみては」と達代に提案するが、「好美を犯罪者の子にしたくない」と言われ、拒絶されてしまう!

それでも諦めきれないチカラは、妻のアカリ(上戸彩)の知恵も借り、ついにはマンションの住人総出で木次家に“ピンポン攻撃”を仕掛けることに!

しかしそれすら学の怒りを買う材料にしかならず、絶望した達代はついにある決断を…。

そして、マンションの住人たちの問題を数々解決してきたチカラ一家にもある衝撃的な出来事が起きる! その時、アカリは…!?

※番組情報:木曜ドラマ『となりのチカラ』第6話
2022年3月10日(木)よる9:00~、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『となりのチカラ』の地上波放送終了後にドラマ本編を配信中。

※『となりのチカラ』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事