テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』シリーズ誕生10周年!この春「season6」始動

2012年7月、土曜ワイド劇場の一作として誕生し、2016年4月クールの木曜ミステリー枠で連続ドラマとして飛躍した『警視庁・捜査一課長』。

飽くなきチャレンジ精神を携え、シーズンを重ねるごとに進化を続けてきた最強のミステリーが、この春season6を始動させる。

2022年は、『警視庁・捜査一課長』が産声を上げて10周年という大きな節目。メモリアルイヤーにふさわしく、10年間培ってきた“一課長魂”をあますところなく注ぎ込み、シリーズの集大成となる作品をお届けする。

◆“叩き上げ俳優”内藤剛志がチームを束ねる

『警視庁・捜査一課長』はタイトルどおり、警視庁の花形部署・捜査一課で400名以上の精鋭刑事を統率する一課長・大岩純一の熱き奮闘を描くミステリー。

捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める警察組織内でも特殊なポストといわれ、都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮するなど極めて重い責務を担っている。

しかし、大岩はスーパーマンのようにスマートに事件を解決に導くわけではない。「被害者の無念を晴らす」という誓いを胸に、部下たちの先頭に立って地道な捜査に邁進。壁に突き当たりながらも重責をはたしていく姿は人間味にあふれており、まさしく“等身大のヒーロー”だ。

そんな理想の上司・大岩を体現するのは、役柄同様、名もなき端役から役者人生をスタートし、“連ドラの鉄人”とよばれるまでにキャリアを積み重ねてきた内藤剛志。叩き上げの名優が2022年も熱く、やさしく、“チーム一課長”を束ねていく。

◆鉄壁のレギュラーメンバーに新キャストが加入

最新シーズンでも、“大福”こと平井真琴(斉藤由貴)、“見つけのヤマさん”こと小山田大介管理官(金田明夫)、“ブランク”こと奥野親道(塙宣之)らレギュラーメンバーは健在。

大岩一課長がクライマックスで発する“魂の訓示”、刑事たちが総出で挑む“東京一斉大捜査”といった本シリーズの醍醐味も変わらず、固い絆と団結力を育んできた捜査員たちがまた新たな難事件に立ち向かっていく。

そして本作では、新キャスト加入が決定! そのキャラクターは大岩に大きく関わる存在であり、どうやら大型新人がキャスティングされている模様。

いったいどのようなキャラクターなのか、はたまた演じるのは誰なのか?

◆season6の新ビジュアル解禁

本格始動を前に、今シーズンの新ビジュアルを公開!

じつは、大岩一課長のバックに大きく浮かぶ“感謝”の文字は、内藤の直筆によるもの。内藤は「10周年を迎えられたのも、視聴者の方々の応援があったからこそ。みなさんに10年分の恩返しができれば…」と2文字にこめた思いを明かした。

また、大型新人の加入については「新メンバーについて聞いたときは、“10周年にこう来るか!”と、そのキャスティングに驚きました」とその衝撃を告白。「彼は確実に視聴者のみなさんの心を鷲づかみにするビジュアルと存在感を持っています。ぜひ作品に新しい風を吹かせていただきたいですね」と期待を語った。

◆内藤剛志(大岩純一・役)コメント(全文)

――シリーズ10周年を迎えましたが、あらためて10年を振り返ってみて思うことは?

2時間ドラマから連続ドラマへと形は変わりましたが、10年間、作品のいいところを伸ばしながら、積極果敢なチャレンジを続けることができ、とてもラッキーなチームだなと感じています。

現場は全員仲がよく、セリフの10倍くらい私語が飛び交っていて、うるさいぐらいです(笑)。でも、それぞれが“これは自分の作品なんだ”という意識と誇りを持って参加してくれている人たちばかり。劇中の“一斉捜査”を地で行くような、すごいパワーが集まったチームが完成しています。

――“謎の大型新人”が加わりますが、新キャストに期待することは?

新メンバーについて聞いたときは「10周年にこう来るか!」と、そのキャスティングに驚きました。彼とは先日、はじめてお会いしたのですが…ヤバイですね!

確実に視聴者のみなさんの心を鷲づかみにするビジュアルと存在感を持っていて、この先、僕の仕事が危うくなるのではと思うぐらいの“圧”を感じました(笑)。

この作品がまさにテレビ初出演だそうなので、フレッシュさに期待しています。ぜひ新しい風を吹かせていただきたいですね。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

4月から、『警視庁・捜査一課長』が木曜よる8時に帰ってきます! 10周年ですが、謎解きや犯人さがしを楽しんでいただきたい、というミステリーとしての基本姿勢は変わりません。また、僕らが全員で一斉捜査に取り組む姿を見て、チーム一体になることの素晴らしさを感じてもらいたいという思いもこれまでと同じです。

ただ、10周年は未知の領域に挑戦するチャンスでもあります! 大型新人も加わりますが、今までにない発想をどんどん取り入れて、みなさんの度肝を抜きたいと考えています。

そしてまた、10周年を迎えられたのも、視聴者の方々の応援があったからこそだと感謝しています。最近ではSNSやライブ配信イベントなどみなさんとつながる機会も増えましたが、ドラマ本体にもリクエストやアイデアを反映するなどして、みなさんに10年分の恩返しができればいいなと思っています。

この『警視庁・捜査一課長』は、応援してくれたファンのみなさんのものでもあるのですから…。ぜひ新シーズンを楽しんでいただき、かつ大いに驚いていただければうれしいですね。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長 season6
2022年4月スタート!毎週木曜 午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事