テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

広瀬すず、内田有紀、伊藤英明――SPドラマ『津田梅子』で描かれる家族の絆

いよいよ本日3月5日(土)に放送される広瀬すず主演スペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』

新5000円札の顔となる女子教育のパイオニア、津田梅子(幼名・梅)の青春を切り取った大型作品で、結婚や仕事に悩む姿にスポットを当て“誰も知らない津田梅子”を丁寧に描写。希望の物語を紡いでいく。

ドラマでは山川捨松(池田エライザ)、永井繁(佐久間由衣)ら留学仲間との友情や、森有礼(ディーン・フジオカ)、伊藤博文(田中圭)ら歴史上の人物との交流などが描かれるなか、母・初(内田有紀)、父・仙(伊藤英明)ら家族との絆も色濃く映し出されていく。

◆内田有紀、娘に愛情と苦悩を伝える感動シーンに入魂

梅の母・初(はつ)は、自由奔放な夫を陰から支える明治の女性。梅の留学には反対していたものの夫の意見に従わざるを得ず、最後は腹をくくって娘を送りだす。

11年間にも及ぶ長期留学を終えて帰国した梅は、「女性も自立すべき」「自分の考えはしっかり相手に伝えるべき」という西洋式の思考を身に着けていた。結婚は女性にとって“必ずするもの”であり、女性がハッキリ意見するなどもってのほか…という社会に生きて来た初は、苦悩する娘を目の当たりにし、母親として心を痛める。

演じた内田が最も大切にしたのが、落ち込む娘を少しでも元気づけたいという思いから、初が風呂を沸かすシーン。

「失意の梅のために薪をくべてお風呂を炊く場面があるのですが、そのとき初がやっと自分の本音を娘に話すんです。そこはとても大事なシーンだなと思い、より丁寧に演じました」(内田)

内田はさらに、「自立が難しかった時代、女性にも輝く権利があるということを気づかせるきっかけを作ってくれたのが、津田梅子さん。ドラマを見てくださる方には、梅と初という、明治に生きた女性の対比を感じながら、梅の切り拓いた道を楽しんでいただけると思います」と、“母娘”という軸からのみどころについてもコメントした。

◆伊藤英明、初共演の広瀬すずを絶賛

また、伊藤英明が演じているのが、梅を留学へと導いた豪快な父・仙(せん)。

仙は先進的な思想とチャレンジ精神の持ち主で、日本に西洋野菜を広めたほか、東京初の街路樹を作り出すきっかけとなった人物だ(※仙がウィーン万博から持ち帰ったニセアカシアの種子が大手町に植樹された)。

自らも渡米経験を持つ仙は、わずか6歳の梅を留学生としてアメリカに送り出すことを強引に決めてしまうが、実は内なる苦悩も秘めていた。

伊藤は、「女性に多くの権利が認められていなかった時代、津田梅子さんは自分の頭で考えて自分のやりたいことを全うした芯の強い女性。広瀬すずさんとは初めてご一緒させていただきましたが、芝居前の集中力や芯の強さが梅とリンクしているように思いました」と、主人公・梅の生き方と広瀬の演技に心が揺さぶられたことを告白。

「家族の絆も描かれていますし、今、僕らが当たり前に受けている教育の礎や成り立ちも映し出されているので、ぜひ多くの方に見ていただきたい」と力を込めて語った。

◆広瀬すず、“心の距離”を考えながら家族シーンを熱演

そして広瀬もまた、「内田さん演じる初との母娘関係は、演じながらモヤモヤするものがありました。梅は6歳から11年間アメリカに留学していたので、お母さんに育ててもらった記憶がなくて距離感もよくわからなかったのだと思います」と、母との“心の距離”を測りながら演じたことを明かす。

津田家の絶対的存在である仙を演じた伊藤については、「お父さん役の伊藤さんはすごく面白くて素敵な方でした。父が母を叱りつけるような場面もあったのですが、実際の家族シーンの撮影は伊藤さん、内田さんとも和気あいあいで、とても楽しかったです」と語り、現場でも“父母”の愛情を感じていたことを話した。

※番組情報:『津田梅子~お札になった留学生~
2022年3月5日(土)よる9:00~よる11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事