テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『関ジャム』超マニアックトーク!布袋寅泰が語る「吉川晃司とタッグを組んだ理由」

3月6日(日)の『関ジャム 完全燃SHOW』は、「一流アーティストたちのマニアックなトークを大放出する延長線SP!!」を放送する。

これまで放送された『関ジャム』で、貴重な話をたっぷりしてくれた一流アーティスト&音楽関係者たち。しかし、あまりにも興味深いトークが多く、放送時に泣く泣くカットせざるを得なかった場面も多数あり…。

そこで今回は、その“延長戦”をまとめて公開。超貴重な実演パフォーマンスもあわせてお届けする。

メロディーメイカーとしての側面にスポットを当てた布袋寅泰の特集回からは、関ジャニ∞も思わず声を上げて驚いた“BOØWYサウンドの誕生秘話”を初公開。BOØWYのリズム隊の魅力や、バンドのサウンド変化のきっかけなど、布袋が事細かに解き明かしていくことに。

さらに、布袋がロックユニット・COMPLEXで吉川晃司とタッグを組んだ理由も告白。「ボーカリストとギタリストはちょっと火花を散らしてるくらいがちょうどいい」と話す布袋の真意とは?

人気歌い手のまふまふは、2021年の『NHK紅白歌合戦』でも披露した『命に嫌われている。』の誕生秘話を明かす。同じく人気歌い手のそらるは、2017年に横浜アリーナで開催したワンマンライブに至るまでの思いを告白してくれることに。

また、音楽プロデューサー・蔦谷好位置の持ち込み企画「ミュージシャンの裏トーク」第2弾からは、蔦谷とAI、AAAMYYY(Tempalay)、常田真太郎(スキマスイッチ)が「レコーディングは何テイクやる?」というディープな話題をお届け。さらに、蔦谷と常田が“譜面”の書き方についても熱く語り合う。

そして今回は、プロが注目する異才アーティストの延長戦も公開。2021年、人気ドラマ主題歌『Presence』を手掛けて話題になったトラックメーカー・STUTSは、スゴ技を実演しながら“トラック作りのこだわり&マル秘テクニック”を披露。

一方、ビートボックス界の異端児・SHOW-GOは“世界最先端のビートボックス”を紹介し、スタジオメンバーの度肝を抜く。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2022年3月6日(日)午後11:00~深夜11:55、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事