テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

新進のデジタルクリエイターを大特集!アート番組『アルスくんとテクネちゃん』の特別版「クリエイターズ」の配信がスタート

2021年6月までテレビ朝日で放送され、旬の現代アート作家の作品と想いを毎週取り上げてきたアート番組『アルスくんとテクネちゃん』

バーチャルシンガー・花譜がナレーションを担当したことでも話題となり、渋谷区立宮下公園のバーチャル空間「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(パラレルサイト)」でのバーチャル展覧会の開催や、シーズン1のスペシャルエディション版の世界配信など、放送終了後も様々な領域でコンテンツを展開している。

そんな『アルスくんとテクネちゃん』で新進のデジタルクリエイターを大特集した特別版、「クリエイターズ」シリーズの新作が本日2月25日(金)からテレ朝動画およびNetflixにて配信スタートした。

すでに昨年からテレ朝動画で配信しているイラストレーターでキャラクターデザイナーでもあるPALOW.の特集に続き、「ずっと真夜中でいいのに」や「Eve」のミュージックビデオを手掛ける人気アニメーション作家・Waboku

ボカロPとして作詞作編曲から、イラスト、アニメーション制作など多領域で目覚ましい活躍を見せるはるまきごはんなど、デジタル領域で躍進を続けるUNDER30世代のクリエイター4組を特集している。

地上波放送と同様、「特別版 クリエイターズ」でも、バーチャルシンガー・花譜がすべてのエピソードのナレーションを担当。中には花譜のミュージックビデオを手掛けたWabokuなど、過去、楽曲制作で関わりのあったクリエイターもおり、花譜の等身大のナレーションが織りこまれながら、番組が進行していくところも見どころのひとつとなっている。

今回はテレ朝動画に加え、世界最大級の動画配信サービス、Netflixにて海外向けの配信もスタート(※欧州・中国など一部の国と地域を除く)。日本発の新進デジタルクリエイターの独創的な作品と想いを世界中に届ける。

◆『アルスくんとテクネちゃん クリエイターズ 特別版』エピソードリスト

ナレーション:花譜(全話)

・#零 PALOW.
(すでに2021年1月から配信中。今回Netflixにて海外配信もスタート)

バーチャルシンガー花譜のキャラクターデザインを手掛けるPALOW.(パロウ)。 PALOW.自らが出演し、代表作「虫メカ少女」が生まれた経緯や花譜誕生秘話を存分に語る。花譜とPALOW. 2人の素顔が垣間見える一問一答コーナーも。

・#壱 はるまきごはん

ボカロPとして作詞作編曲から、イラスト、アニメーション制作などをひとりで行い、独創的な音楽や映像を生み出すクリエイター、はるまきごはんを大特集。

夢の中で自在に飛ぶことができるというはるまきごはんが描く、切なく幻想的な世界をひも解いていく。

・#弐 Waboku

話題のアーティストのミュージックビデオを多数手がける人気アニメーション作家・Wabokuを大特集。1カットずつ丁寧に描きこまれた背景や、どことなくコミカルな動きを見せる個性的なキャラクターたち。Wabokuのこだわりあふれる作品の数々を通して、そこに込められた想いにせまる。

・#参 UNDEFINED

19歳から22歳までの7人で構成されたCGクリエイター集団、UNDEFINED(アンディファインド)。彼らはそれぞれが得意分野を持ち、ミュージックビデオやプロモーションムービーなど、ハイクオリティな作品を次々に生み出している。実験的な映像表現を追求し、チャレンジを続ける彼らを突き動かすものとは?

・#四 hako生活

独特の感性で、美しいピクセルの世界を描くピクセルアーティストhako生活。彼はおよそ4年の歳月をかけ、たった独りでコンピューターゲームを完成させた。「アンリアルライフ」と名付けられたゲームに垣間見えるhako生活の世界観とは?

※『アルスくんとテクネちゃん クリエイターズ 特別版』はこちらから

※『アルスくんとテクネちゃん』シーズン1 スペシャルエディション版はこちらから

※『アルスくんとテクネちゃん パラレル・アートパーク』を楽しみたい方はこちら

※『アルスくんとテクネちゃん』番組公式サイト

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事