テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・百田夏菜子「先行きが不安ごわす」2022年は「百田ごわす」に改名!?

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、前回に引き続き、恒例の企画「新春ももクロChanカルタ」をお届け!

「ももクロChanカルタ」のルールは通常のカルタ同様、読み上げられた札を取り、書かれたトークテーマやクイズにうまく答えれば、お年玉をゲット! 壁に何十枚と貼りつけられたポチ袋から、好きなものを選ぶ。

ポチ袋にはちょっと残念なものから、プリペイドカード、そして現金1万円まで! 最後にお年玉の合計金額で勝敗を決定し、優勝者には差し入れ番長・浅野(崇)Pが「超おいしい差し入れ」を贈呈。

現時点の獲得金額は、玉井詩織と高城れにが4010円分獲得し、トップタイ。佐々木彩夏が1000円分、百田夏菜子が0円だ。

◆百田夏菜子の「ごわす劇場」開幕!

前回から、佐々木は「わん」、玉井は「にゃん」、そして百田は「ごわす」を語尾につけないといけないという罰ゲームが課せられていた。

次の札をゲットするまでその罰ゲームは解除されないのだが、玉井がようやく「にゃん」から解放され、まだ解放されていない百田が「うらやまごわす」とうらやましがる。

「ちょうカワイイ 3文字の言葉 言っちゃいます」というお題札を取ったのは高城だ。定点カメラに向かって上目づかいで放った3文字は「あんた」。これはこれで悪くないが、かわいいというより艶めかしいため、メンバーからは不評。

そして百田も同じお題にチャレンジすることに。キュートな笑顔で披露した3文字はもちろん「ごわす」。高城、百田のうちどちらがカワイイか判定するのは、トリオコント師で、ももクロと縁の深い芸人を彷彿とさせる“通りすがりのおじさん”だ。

“おじさん”が百田に軍配を上げると、「なんで!? おかしいじゃんよー!」と抗議する高城。それに対して百田は「あたし、これしか言えないごわす」と胸を張るのだった。

◆電流ビリビリ回避で、ガッツポーズのあーりん

「ももクロChanカルタ」も最終盤に差しかかり、ここで読み上げられた札は、「ビリビリゲーム 負けたら ご褒美全没収」。

前々回(#589)でも行われた、電流の流れるビリビリゲーム。本体のランプが緑色に変わった瞬間、握ったハンドルのボタンを押すというもの。今回は最も遅く押したメンバーだけに電流が流れるという。

電流が大の苦手な佐々木。電流系の罰ゲームはいつも全力回避するが、今回も同様だ。一方、百田は「ビリビリはかかってこいごわす」と語尾そのままに頼もしい。

そんなふたりを差し置き、実際に電流を食らったのは、なぜか玉井と高城のふたり。前々回に続き、ゲームの設定ミスで、ふたりが電流を浴びたのだ。

この結果に当然不満な高城が「もう一回やろうよ」と提案。電流嫌いの佐々木は「やだよ! やんないよ! 絶対やんないよ!」と抵抗し、「(みんな)ビリビリになりたくないって気持ちが、弱いんだよ!」と啖呵を切る。

佐々木の抵抗虚しく、結局リベンジ戦が行われたが、ビリビリを食らったのは百田だ。「たしかに(押すのが)遅かったごわす。ちょっと出遅れたごわすよ」と潔く負けを認める。百田のキャラクターに「ごわす」がよく似合う。

再び勝利した佐々木は、アドレナリンが出た様子でガッツポーズ。意地でも電流を食らわないという強い気持ちが滲んでいた。

◆「百田ごわす」爆誕!

4回にわたって行われた「ももクロChanカルタ」もラストの札に。ここで百田が「これさいごわすよね?」と、「最後」と「ごわす」を合わせておもしろワードを生み出すと、最後の札「はつ笑 おもしろ一発 ギャグ披露」の札は、自ずと百田のものに。

ここまでも「うらやまごわす(うらやましい)」や「決めごわす(決めました)」など、「ごわす」とともにおもしろワードを量産した百田。そんな百田が最後にどんな「ごわすワード」を出すのか期待が高まる。そして百田は「あけましておめでとうごわす!」を披露し、見事お年玉をゲット。

ところが、選んだポチ袋から出てきたのはお金ではなく、「2022年1分間定点アピールタイム」というお題カード。今年最初のももクロChan企画を締めくくるべく、1分間スピーチを行うことになった。

「新年明けて2022年ごわすは、みんなにとってすごくハッピーな一年にしたいごわす。そのためにごわすは、がんばるごわす」と、あまりに「ごわす」を言いすぎて一人称が「ごわす」になる期待を上回る名スピーチを繰り広げた百田だった。

そして「ももクロChanカルタ」の結果は、玉井が4510円分ゲットで見事優勝! 「差し入れ番長」こと浅野Pから豊島屋の鳩サブレーも贈呈された。

一方、ごわすで盛り上げた百田は獲得賞金0円。「先行きが不安ごわす。何も残らなかったごわす」と嘆く百田を、高城が「一番大切なものが残ったじゃない」と励ます。

ここで最後に2022年の百田夏菜子改め“百田ごわす”のアイドル自己紹介を作ることに。おもむろに「好きな食べ物は…りんごわす、だんごわす」と言い出す“百田ごわす”。

メンバー一同驚くほどのクオリティ。最終的にどんな口上ができ上がったのか…。

いつか声援を送れるライブが再開したあかつきには、“百田ごわす”の口上をモノノフ全員で言いたい!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年2月25日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事