テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

間宮祥太朗、元阪神タイガース・横田慎太郎さんの『奇跡のバックホーム』ドラマ化で主演

プロ野球選手として将来を嘱望されながら病魔に襲われ、24歳という若さで引退した元プロ野球選手・横田慎太郎さんが著した自伝的エッセイ『奇跡のバックホーム』がドラマ化される。

ドラフト2位指名で阪神タイガースに入団した横田さん。抜群の身体能力で将来を期待されながらも、2017年にボールが二重に見えるという症状から脳腫瘍が発覚。18時間に及ぶ手術の後には苦しく辛い闘病生活が待っていた。

そこから不屈の精神でリハビリの末に現役復帰。しかし、体力は回復したものの、野球選手にとって生命線でもある視力が回復することはなかった。白球が二重に見え、バッティングも補給もままならないなか、2019年に引退を決意する。

2019年9月26日、鳴尾浜球場で行われた2軍戦が横田さんの引退試合となった。1096日ぶりの試合出場、そして、プロ野球人生最後のラストプレーで見せたバックホームは、美しい弧を描いて…。

今なおプロ野球界で語り継がれる“奇跡のバックホーム”は、プロ野球ファンのみならず多くの人々に感動を与え続けている。

2022年3月13日(日)に放送されるドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』は、この感動のラストプレーへと繋がる横田さんの半生を描いた物語だ。

◆間宮祥太朗が横田慎太郎さん役に挑む

今回、主演で横田慎太郎さんを演じるのは間宮祥太朗。

阪神タイガースファンを公言し、中学校3年生まで野球に打ち込んでいた経験もあり、2019年に甲子園球場で開催された阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ戦のファーストピッチセレモニーに登板した際には139キロの速球を投げ込んだことでも話題になった間宮。

演じるにあたっては、横田さんから当時の心情を直接聞き、バッティングフォームのチェックを受けるなどして役に臨んだ。野球の技術面だけでなく、“カメレオン俳優”と呼ばれる高い演技力に定評のある間宮が、渾身の演技で“奇跡のバックホーム”に至る物語を演じあげる。

病魔に襲われた横田慎太郎さんを支える共演陣には、石田ひかり、丸山智己ら実力派キャストが集結。

石田は、病魔におかされた横田さんを支え続ける母・まなみ役に。そして丸山は阪神タイガースのスカウト・田中秀太役を熱演する。

 

◆主演・間宮祥太郎コメント

――今作のオファーを受けたときのお気持ちからお聞かせください。

最初にお話を頂いたときは、正直すごく悩みました。野球経験者ですし、阪神タイガースファンでもありますが、それだけでお受けするには責任感が重すぎるんじゃないか、と。ファンの方々やご家族、球団関係者のみなさん、そして何よりもご本人の思いを、僕が背負えるかどうか…重たく考えてしまいました。

ただ、このオファーが数年遅れていたら、きっと僕ではなかった。そう考えると、今この時期に他の誰でもない、この僕に役を任せてもらえたということを大切に考えようと思ったんです。

――阪神タイガースの選手を演じてみていかがでしたか?

入団会見シーンはいちファンとして舞い上がりました。横田さんと同期選手の名前がテーブルの前に並んでいて感激しました。横田さんの隣は梅野選手だったんだな、とか(笑)。

――野球のプレーシーンについては?

役を演じる前に横田さんにお会いしてスイングを見ていただいたり、選手時代や闘病生活当時のことを伺ったりしました。バッティングのお話も横田さんに聞くことができましたし、役を演じる上ですごく貴重な時間を過ごせました。

お話をしていて心の透明度が高くてすごくピュアな方というのが伝わってきました。ただ、横田さんが左投げ左打ちなのですが、僕は右投げ右打ちだったので、なかなか大変でしたね(笑)。

――印象に残っているお話は?

バックホームを投げたときのお気持ちを聞いた時に“嘘っぽく聞こえるかも知れないですが、あのとき本当に何かに背中を押されたんです”とおっしゃっていて。

ボールが二重に見える怖さから捕球の際には後ろに下がるクセがついていたそうなのですが、あのときだけは、一歩目を前に踏み出せた。あの一歩がなければ捕殺できていなかった。“まるで自分じゃない感じ”だったそうですが、まさにファンやチームメイト、ご家族…いろんな方々の思いを乗せたプレーだったんだなと思います。

――では最後に視聴者のみなさまへメッセージを

こんなにも人生を懸けたことがあるということ、それだけ懸けたことを失うということ、そして、失った後に前に進んでいくということの尊さが伝わる作品だと感じています。

横田さんのバックホームに至るまでの思いや葛藤、そしていま現在もあのバックホームの時に踏み出した一歩と同じように前に進んでいる今の姿。すべてを含めて奇跡と呼べるものだと感じています。

横田さんの半生を通して、きっと熱く伝わるものがあると思いますので、ぜひご覧ください。

◆横田慎太郎さんコメント

ドラマ化のお話をいただいた時は「まさか」と信じられなかったのですが、すぐに大変嬉しい、ありがたいという気持ちに変わりました。

これまで何度も何度も苦しい事、辛い事がありました。これからを考えると、不安と恐怖で眠れない夜が何日もありました。それでも自分に大丈夫、大丈夫と言い聞かせて、自分を信じて目標を持ってやって来て、本当に野球人生の最後の最後に想像もしていない事が起こりました。

一人でも多くの方に観ていただき、勇気と希望を持ってもらえたらと思っています。

※番組情報:『奇跡のバックホーム』
2022年3月13日(日)午後1時55分~、ABCテレビ・テレビ朝日系24局
放送後、TVer/GYAO!にて見逃し配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事