テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

駒木根葵汰&樋口幸平、『全力坂』で全力疾走!『ゼンカイジャー』から『ドンブラザーズ』にバトンタッチ

2005年4月から放送を続けている平日深夜の恒例ミニ番組『全力坂』

東京に数多くある坂道を、俳優の吹越満による「この坂もまた、実に走りたくなる坂である」というおなじみの紹介ナレーションとともに、ひたすら全力で駆け上がるという唯一無二のバラエティ番組だ。

そんな『全力坂』に、2月27日(日)に最終回を迎える『機界戦隊ゼンカイジャー』で主人公・五色田介人/ゼンカイザーを演じる駒木根葵汰、そして3月6日(日)にスタートする『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』で主人公・桃井タロウ/ドンモモタロウを演じる樋口幸平の出演が決定!

スーパー戦隊シリーズで主演を務める2人が、バトンタッチ直前にそれぞれランナーとして登場するトリプルコラボが実現。2月23日(水)は駒木根が、24日(木)は樋口が、東京都新宿区の坂を“全力全開”で“ドンドン”と駆け上がる模様をお届けする。

最終回目前の『ゼンカイジャー』からまもなく初回放送を迎える『ドンブラザーズ』へ…。

まさに、ヒーローのバトンタッチともいえる全力疾走を終えた2人を直撃すると、駒木根は「次のヒーローを演じる樋口幸平くんも、今回の勢いを失わないように、立ち止まることなく突っ走ってくれたらうれしいです」とニッコリ。

一方の樋口は「『ゼンカイジャー』に負けない作品にしないといけないですね。今日は(駒木根)葵汰さんとバトンタッチができてうれしかったです!」と、先輩から受け継ぐバトンの重みを感じていた様子だった。

◆駒木根葵汰(五色田介人/ゼンカイザー・役)コメント(全文)

『ゼンカイジャー』の撮影ではよく走っていたので、今日はたくさんのことを思い出しながら走れました!

2月27日(日)に最終回を迎える『ゼンカイジャー』は、それぞれのキャラクターの思いがしっかりと詰まっている作品です。キャラクター全員の物語がしっかりといい方向に繋がっていきますので、最後まで楽しんでいただけたら…と思います。

そして、次のヒーローを演じる樋口幸平くんも、今回の勢いを失わないように、立ち止まることなく突っ走ってくれたらうれしいです。

◆樋口幸平(桃井タロウ/ドンモモタロウ・役)コメント(全文)

これまでにもすごい方が『全力坂』で走られているので、僕も今回走ったスピードのまま、勢いを失わないように頑張ります。とはいえ、久しぶりに全力で走ったので前太ももの筋肉痛は確定ですけど(笑)。

『ゼンカイジャー』は素晴らしい作品だったので、それに負けない作品を作らないといけないと思っています。

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』のスタッフの皆さんはすごい人たちばかりなので、棒に振ってしまうのか、宝にするのかは自分たち次第! 全力でぶつかって、今までで一番よかったと思われる作品にしたいと思っています。

そして、今日は(駒木根)葵汰さんとバトンタッチができてうれしかったです!

※番組情報:『全力坂』 
2022年2月23日(水)深夜1:20~深夜1:26、テレビ朝日(※関東地区)駒木根葵汰
2022年2月24日(木)深夜1:30~深夜1:36、テレビ朝日(※関東地区)樋口幸平

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事