テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

松島トモ子、100歳の母を看取って4カ月。新婚半年で出征した父の元へ「やっと母を返せた」

2月18日(金)の『徹子の部屋』に、松島トモ子が登場する。

4歳で映画デビューした松島を二人三脚で支え続けてくれた母・志奈枝さんが100歳で亡くなったのは2021年10月4日。95歳で認知症を患った母を5年以上自宅で介護した。

介護生活のあまりの辛さに「朝起きて母の息が止まっていれば…」と思う日もあったというが、母の死から4カ月が過ぎた今、寂しくてしょうがないと感じているそう。

亡くなる前日パッチリ目を開け、「怖い」と言う母を抱きしめ眠った。翌朝、母の冷たい頬に驚いて起きた。「ママ起きて!」と声を掛けたが、腕の中で母は旅立っていた。

それから大騒動がはじまり、初めて喪主になった葬儀は大波乱だったという。最後に見た母は、胡蝶蘭で埋め尽くされウェディングドレスを纏ったような姿だった。

新婚半年で出征し、シベリア抑留で亡くなった父の顔は知らないという松島。

再婚もせず、亡き夫を思い続けた母。「やっと父の元に母を返せた」という松島が今語る母への想いとは。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年2月18日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事