テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

大久保桜子、『科捜研の女』初出演!“感情むき出し”演技で沢口靖子と対峙

沢口靖子主演の人気ミステリー『科捜研の女』。

2月24日(木)放送の第12話では、『宇宙戦隊キュウレンジャー』のハミィ/カメレオングリーン役で連続テレビドラマデビューをはたし、以降女優やグラビアなど幅広い活躍が光る大久保桜子がゲスト出演!

洋服借り放題のサブスクサービスを利用し、あこがれの“女優コート”をレンタルするも、そのことがきっかけで事件に巻き込まれていく、塗装業の女性・島田茜役を熱演で魅せる。

しかし、マリコの執念の捜査がもとで、茜の身に思いもよらない出来事が…!?

◆“女優コート”をめぐる殺人&連続窃盗

第12話は、とある百貨店の商品企画部オフィスで、側頭部を殴打され絶命した女性の遺体が発見されるところから物語はスタートする。

やがて被害者は、定額料金で服を借り放題できる“サブスクリプション(=サブスク)”の責任者で、一流ブランド「ミサヤマモト」の“女優コート”なる目玉商品を手掛けた功労者であることが判明。

その後、“女優コート”の連続窃盗事件が発生していることを知ったマリコと土門薫刑事(内藤剛志)らは、紛失の際の高額な買い取り料金をめぐって被害者ともめていたサブスクの顧客・島田茜(大久保桜子)や、車上荒らしでコートを盗まれた女優・川久保純(桃月なしこ)らとも接触するが、コートの追い剥ぎというさらなる事件が…しかも、被害に遭ったのがマリコもよく知るあの人物で!?

はたして、コートの連続窃盗事件の背景にはいったい何が?

◆“ラコちゃん”が感情爆発!マリコと“むき出し”演技で対決

ファンから“ラコちゃん”の愛称で親しまれる大久保。

『キュウレンジャー』では、「超ウケる」など“JK的スラング”を駆使する“宇宙くのいち”・ハミィをキュートに演じて注目された。

出演当時から、そのスタイルのよさが話題を集めており、女優ばかりではなくグラビアでも本領を発揮。2022年発売されたばかりのセカンド写真集も、美しいボディーラインを惜しみなく披露し大好評を博している。

そんな彼女だが、今回のゲスト出演では決して裕福ではなく地味につつましく暮らしながらも、“ある重大な日”に向けて背伸びをしてサブスクサービスを利用する塗装業の女性・茜を熱演。

置き引きに遭ったコートの弁償金をめぐって被害者ともめていた事実が発覚したことからマリコらと対峙することになるが、その際に見せる感情をむき出しにした迫真の演技は必見だ!

※番組情報:『科捜研の女 season21』第12話
2022年2月24日(木)よる8:00~よる8:54、テレビ朝日系24局

『科捜研の女 season21』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後にドラマ本編を配信。また、過去全シーズン&スペシャルドラマ250話以上も見放題配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事