テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

池田成志&豊田裕大、『妖怪シェアハウス』続編に登場!妖怪たちが住むシェアハウスに仲間入り

2020年7月クールに放送された『妖怪シェアハウス』。約1年半の時を経てスケールアップして2022年4月期の土曜ナイトドラマ枠に
妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』として帰ってくることが決定。

さらに2022年6月には映画化されることも同時に発表された本作から続報が到着! 主演の小芝風花や妖怪たちを取り巻く、新レギュラーキャストが“怪”禁された。

個性が際立ちすぎる妖怪たちに劣らぬほどのキャラクターでドラマはもちろん、映画でもその存在感を放っていく。

◆妖怪たちの新たな住処となる寺の“超生臭和尚”役に池田成志が決定

人の目を気にして悪目立ちすることを恐れていた澪(小芝風花)が、自由に生きる妖怪たちと関わる中で、小説を書きたいという夢も見つけ、最後には「自分らしく生きる!」と息巻いて“妖怪ヒラキナオリ”としてシェアハウスから羽ばたいていった前作だったが…現実は厳しかった。

気持ちはあってもお金がなくては、小説を書くどころかまともな生活すらできず、またしてもボロボロのどん底に落ちてしまった澪がシェアハウスに舞い戻り、再び妖怪たちと暮らすことになる。

そんなシェアハウス、今作では閻魔寺という寺へお引越し! そこの住職で、妖怪たちの世話をする佐藤周役を池田成志が務めることが決定した。

池田と言えば、舞台を中心に活躍する実力派俳優のひとり。その一方で、ドラマや映画にも多く出演し、シリアスな役からクセのある役、コミカルな役までその確かな演技力で魅せる、名バイプレーヤーの代表格とも言える存在だ。

そんな池田が今作で演じる佐藤周は超生臭和尚で、隙あらば酒を飲んでいるという仏の道を説く人間とは思えないいい加減さ。その一方で、澪には仏教にまつわるさまざまな説法をするなど、まじめなのか何なのか掴めない存在で…。

池田本人も「ふざけているのやら、まじめなのやら…」と役どころを語るが、「そんな揺れ動く彼を感じていただければ」と見どころの一つとして楽しんでほしいそう。

◆澪を気にかける交番の巡査役に若手俳優界の新星・豊田裕大

そして前作では、2人の男性からのプロポーズを断り自分らしく生きることを選んだ澪だが、ズタボロで戻ってきた今作では、もちろん男性の陰もなくひたすらに生きることに必死…。

しかし、そんな澪を何かと気にかけ、心配してくれる新たな存在として交番の巡査・佐藤満が現れる。

実は周の息子でゆくゆくは閻魔寺を継ぐ跡取りでもある満は、バイトに駆けずり回る澪を心配そうに見守るが、手を貸そうとすると多々空回りもするちょっと残念なキャラクターでもある。

そんな満を演じるのは、豊田裕大。2019年に『第34回メンズノンノ専属モデルオーディション』を勝ち抜き、現在『MEN’S NON-NO』専属モデルとして活躍する豊田は、2021年に『じゃない方の彼女』でドラマデビューをはたした若手俳優の新星!

前作から『妖怪シェアハウス』を見ていたという豊田は、「この作品の虜(とりこ)で、この世界観で撮影できているのがとてもありがたいです」と喜びを語った。

その一方で、「主演の小芝風花さんを含め主要キャストのみなさんがお芝居がうまい方々ばかりなので、掛け合いを楽しみながらもたくさん勉強させていただこうと思いました」とまじめな一面も覗かせる。

早くもやる気に満ちている様子の豊田が参戦することでフレッシュさも加わり、『妖怪シェアハウス』に新たな息吹を吹き込んでくれるはず。

そして、豊田も「澪と満がどういう関係性になっていくのかを注目してみてください!」と語るように、2人が今後どうなっていくのか…?

◆池田成志(佐藤周・役)コメント(全文)

――出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

「え?どんな妖怪やるのですか?」と思いました。

――佐藤周というキャラクターをどのように演じたいですか? また、どのような部分をご覧いただきたいですか?

ふざけているのやら、まじめなのやら、という役ですが、そんな揺れ動く彼を感じていただければ。

――すでに撮影に入られているかと思いますが、現場の雰囲気はいかがですか?

隅にいることが多いので、非常に気楽ですが…それでいいのか? 不安です。

――主演の小芝風花さんの印象をお聞かせください。

本当に可愛い方ですね。実物はもっとでした。はい。

――もしご自身を妖怪と例えるとしたら?

妖怪人間もどき…精神不安定ドス。

――楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

私みたいなおじさんは、水木しげる先生や大映映画のおかげで、妖怪についてとても親しみやすさを感じております。

この作品も次の世代に妖怪はじめ、面妖なことが世の中にはあるのだという感覚を伝えていけたらと感じております。いやマジで。

◆豊田裕大(佐藤満・役)コメント(全文)

――出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

『妖怪シェアハウス』はシリーズものになるので、前作から築かれてきた雰囲気をしっかり理解して臨もうと思いました。

また、主演の小芝風花さんを含め主要キャストのみなさんがお芝居がうまい方々ばかりなので、掛け合いを楽しみながらもたくさん勉強させていただこうと思いました。

――佐藤満というキャラクターをどのように演じたいですか?

また、どのような部分をご覧いただきたいですか?

満は奥手でヘタレなキャラクターで、とくに気になっている異性の前だとさらに空回りします。

ただ、この様な性格は多くの男性が共感できる気がしますし、僕自身も「わかるなぁ」と思いながら演じています。満の度重なるおっちょこちょいな部分を存分に発揮して、僕の日常生活で「おっちょこちょいはもういいや!」となるくらいお芝居で昇華出来ればと思います。

また、澪と満がどういう関係性になっていくのかを注目してみてください!

――すでに撮影に入られているかと思いますが、現場の雰囲気はいかがですか?

とてもいい雰囲気だと思います! 前作からの皆さんの団結力が出来上がっていたのですが、その輪に優しく迎え入れてくださいました。いい作品を作ろうという熱量が感じられる現場です。

――主演の小芝風花さんの印象をお聞かせください。

小芝さんは、若いのに芝居経験豊富で凄いなと思っていました。実際にお会いしてみると、現場で常に笑顔で明るくいてくださって元気をもらえますし、新参者の僕にも気さくに話しかけてくださり、とても優しい方だと感じました。

スタッフさんへの気遣いなども含め、見習いたいなと素直に思います。あとは、こんなに表情がコロコロ変わる方ははじめて見ました。

――もしご自身を妖怪と例えるとしたら?

寒さがとにかく苦手なので、「寒がり妖怪」です。今作ではセットでの撮影がメインなので本当に助かっています(笑)。

――楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

『妖怪シェアハウス』を楽しみにしてくれている皆さん、はじめまして豊田裕大と申します。前作を見てから僕もこの作品の虜(とりこ)で、この世界観で撮影できているのがとてもありがたいです。

この作品をおもしろおかしく、まじめに皆さんの元に届けられればと思います。僕が演じる新キャラクターの満も皆さんに愛してもらえるように全力で頑張りますので、見ていただけると嬉しいです!

※番組情報:土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウスー帰ってきたん怪ー
2022年4月スタート!【毎週土曜】よる11:00~11:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事