テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

チカラ(松本潤)のお節介が国境を越える!日本に失望した孤独な妊婦を救う<となりのチカラ>

2月10日(木)、松本潤主演の社会派ホームドラマ『となりのチカラ』の第3話が放送される。

ある夜、突然中越家にやってきた303号室のマリア(ソニン)。「アブない男におそわれたので、かくまってほしい」という彼女を中越チカラ(松本潤)と灯(上戸彩)が部屋に招き入れたところに、「マリアの客だ」と名乗る男が乗り込んでくる。

どうやらマリアは303号室でベトナム式のエステ店を営んでいるようで、男はそこを“いやらしいサービスをする店”と勘違いしてやってきたうえ、何もサービスされないことに逆上した様子…。

灯の機転でどうにか男を追い払い、マリアの話を聞いたチカラは、彼女が外国人技能実習生として介護関係の会社に勤めていたものの、妊娠を理由に解雇されたことを知る。

マリアから「お腹の子どもの父親でもあるその会社の課長は、子どもができた途端会ってもくれなくなった」と聞き、灯は怒り心頭。「日本と日本の男性はいつからこんなに冷たくなったの?」という問いに、やっぱり“中腰”になってしまったチカラに、マリアは愛想を尽かし出ていってしまう。

どうにかマリアの力になってあげたいチカラだったが、あの夜以来“日本の男性代表”としてすっかりマリアには嫌われてしまったよう。そんななか、マリアが部屋の退去を命じられる。

お腹の子どものことも誰にも相談できず、部屋まで追い出されそうなマリアのために、子どもの父親・芝田(渡辺大)に会ったチカラは、その最低とも言える物言いを目の当たりにしてしまう。「子どもは堕ろす」と宣言するマリアに、チカラはどう声をかけてあげればいいかわからず…?

そして、謎に包まれた道尾頼子(松嶋菜々子)がついに動き出す! 彼女が占いにハマる、その怪しい姿の真相は?

※番組情報:木曜ドラマ『となりのチカラ』第3話
2022年2月10日(木)よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『となりのチカラ』の地上波放送終了後にドラマ本編を配信中。

※『となりのチカラ』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事