テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ぺこぱ松陰寺、“閉校が決まった”母校に帰る。最後の卒業生に贈るポジティブな言葉

ぺこぱ(松陰寺太勇、シュウペイ)がMCを務める『ぺこぱポジティブNEWS』。

2月9日(水)の放送は、コメンテーターに3時のヒロイン・福田麻貴を招き、3月に閉校する松陰寺の山口県の母校での講演会に完全密着する。

山口朝日放送でもニュースに取り上げられた松陰寺の母校・光丘高校の閉校。

「ポジティブNEWSの番組にしては、“閉校”というとだいぶネガティブに聞こえますが…」という福田の心配に対し、松陰寺は「そこをなんとかポジティブに変えたい」と今回の企画を提案した熱い思いを語る。

「母校がなくなるなんて…」母校に向かう日が近づくにつれ寂しさでいっぱいになる松陰寺。

閉校を知った卒業生たちも、2021年末の学校開放にはひっきりなしに訪れたという。校長や生徒が語る閉校する母校への想いとは?

番組では、松陰寺が招かれた母校の講演会の1日に完全密着。

講演会当日、空港に降り立った松陰寺は講演会で話す内容をまだ決めていないといい、「懐かしい校舎に立って、思いついたことを」と語る。

懐かしの母校に到着した松陰寺を、あるサプライズが待ち構えていた。

それは、松陰寺本人さえ忘れていた現在のポジティブな笑いのルーツだった。福田も思わず驚いたそれは、いったいどんなものだったのか?

そして、最後の後輩たちにどんなポジティブな言葉を紡ぐのか? そして松陰寺を迎えた生徒たちの反応は?

※番組情報:『ぺこぱポジティブNEWS
2022年2月9日(水)深夜2:46〜3:06、テレビ朝日(関東ローカル)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事