テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

桝田沙也香アナ、超ハイテンションで“バンクシー愛”を熱弁!「今までで一番楽しい仕事」

オリジナルコンテンツを毎日配信中のテレ朝公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』

これまで、弘中綾香アナウンサーが最新美容を体験・紹介する「弘中美活部」や、三谷紬アナウンサーの本気ダイエット企画、林美桜アナウンサーの「動はじK-POP部」など、数々の女性アナウンサーの意外な一面を見せてきた同チャンネルで、また新たな素顔を見せたアナウンサーが登場。

それが、入社6年目の桝田沙也香アナウンサー。『スーパーJチャンネル』や『サタデーステーション』を担当し、ニュースを読んでいる印象の強い桝田アナだが、実はどハマりしている「ある趣味」があるという。

それは「アート」。テレ朝入社後にたまたま覗いた国立新美術館の「草間彌生展」に“脳がブラッシュアップされるような衝撃”を受けたのがきっかけで、足繁く美術館に通うようになり、今ではアートが生活の一部。最近ではアート収集もはじめて「嬉しいときも悲しいときも、アートが心の支え」となっているという桝田アナ。

そんな桝田アナが、現在開催中の「バンクシー展」の魅力を超ハイテンションで熱弁する企画。その名も「バンクシーの謎に迫る!桝田沙也香のミステリーツアー」。

全世界で300万人以上を動員しており、謎多き男・バンクシーの作品が100点以上も展示されている展覧会で、その作品愛を語り、作品にまつわるクイズを出題する。

クイズに解答するのは、2021年12月にAKB48を卒業した横山由依と、桝田アナの先輩・久保田直子アナウンサー。「アートに興味はあるがそこまで詳しくない」という2人を前に、桝田アナは水を得た魚のようにその「アート博識ぶり」を披露!

オークション時にシュレッダーで裂かれたことで有名な『ガール・ウィズ・バルーン』や、アンディ・ウォーホルの『マリリン・モンロー』をオマージュした『ケイト・モス』など数々の有名作品の前で、その貴重ぶりや秘められたエピソードを語り尽くす。

桝田アナの熱弁ぶりに、2人もすっかりバンクシーの虜に! ラストでは、いまだヴェールに包まれたバンクシーの「似顔絵」にもチャレンジし、思い思いの「バンクシー像」を描いた。

◆横山由依 コメント

今までバンクシーの絵を見たことはありましたが、その内容について考えたり、どういういきさつで描かれたなどは触れてこなかったので、これからバンクシーが絵を通して私たちに届けてくれているメッセージを受け取っていきたいと思いました!

ちなみに1番いいなと思った絵は『パンツ』です!(笑)

◆久保田直子アナウンサー コメント

私が1番いいなと思った絵はポップな感じが素敵な『ケイト・モス』です!

他の絵に関しても桝田アナから深い話が聞けて、これはもっともっと知っていったほうがいい!知りたいな!と思いました。

ぜひ1回きりではなく桝田プレゼンツで、今後も教えてもらいたいです!

◆桝田沙也香アナウンサー コメント

2人に楽しんでいただけて本当に嬉しかったです!

今回わたしの名前の「冠企画」をやらせてもらったのですが、今までで一番楽しい仕事でした!!(笑)

ぜひレギュラー化したいな~!なんて思ってます!!

※配信情報:『バンクシーの謎に迫る!桝田沙也香のミステリーツアー』(動画、はじめてみました)
2022年2月8日(火)よる7:00~配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事