テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・玉井詩織、電流ピリピリでアイドルらしからぬ大絶叫リアクション!!

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、3週にわたってお送りしてきた人気企画「ももクロChanダービー」の結末をお届け!

ゲスト芸人を迎え、玉井詩織と高城れにがさまざまな課題にチャレンジしている。玉井と高城に加え、今回は芸人のTAIGAとオテンキGOが“出走馬”となり、「クイズ」「なぞなぞ」「体力測定」など、さまざまな課題にチャレンジ。

ゾフィー上田航平とYes!アキトはパネラーとして、クリアできると予想した“出走馬”に持ち点を賭けながら10万点を目指す。10万点を達成したパネラーには、賞金10万円が与えられるとあって、真剣そのものだ。

現在の得点は、上田が13000点、アキトが22000点。出走馬のオッズは、馬の得意・不得意に合わせて、番組スタッフによる独断と偏見でつけられる。司会はオテンキのりでお送りする!

◆期待に応える高城れに!

今回最初の課題は「ボトルキャップ積み」。制限時間30秒以内に、一番多くペットボトルのキャップを重ねたひとりが勝者になる。

ここで上田は、倍率7倍の玉井に5000点を賭ける。「チラチラとした小睨み」が決め手だというが、よくわからない理由に玉井も「(期待を)そんな抱えきれないよー!」と困惑。

一方、アキトはもっとも倍率の低い高城に手堅く5000点。「まばたき我慢対決」などで見せた高城の集中力は今回も発揮されるのか。

いざ、勝負! 順調にキャップを重ねる玉井と高城、まったく話にならないおじさん芸人・GO、そして意外にも健闘するTAIGA。

結果はGOが4個、玉井が9個、そして高城とTAIGAが10個で並ぶ白熱の展開に!

高城とTAIGAの一騎打ちとなるが、ここでアキトは先ほどの倍になる10000点を高城に賭ける。これには高城も「アキトさんマジで言ってる? ちょっと待って〜本気?」と戸惑い、「重すぎる…」と苦笑するが…なんと結果は12対10で高城の勝利!

1回目の記録を上回るという脅威の集中力と器用さを発揮し、アキトに幸運をもたらした。地味なチャレンジ企画かと思いきや、高城の勝負強さが発揮され、大いに盛り上がった。

◆玉井詩織、ゾフィー上田の期待に「怖いよ~」

次のチャレンジは、なぞなぞ問題。「まっすぐ歩いても回ってしまう人はだれ?」というもの。倍率は玉井が2倍、高城が3倍、おじさん芸人ふたりは4倍となった。

ここで残り8000点の上田が、玉井に7500点を賭けるという大博打に出る。先ほどから執拗に上田にベットされる玉井は思わず「怖いよ~」と頭を抱えてしまう。しかし、知識やひらめきなど頭脳を生かした問題に得意な玉井なら手堅いはず!

一方、アキトはTAIGAに2000点と、ここまでの気風がいい賭け方から一転、消極的だ。

その理由も「TAIGAさんに賭けて失敗し、端数を切って40000点ちょうどにしたい」と謎めいている。しかしアキトの目論見は外れ、この問題は全員正解(正解は「おまわりさん」)。アキトは48000点とこれまた中途半端な得点にはなったが、10万点にかなり近づいた。

玉井も見事正解したが、実はギリギリまで思い浮かばなかったという。かろうじて首の皮一枚残った上田だが、この賭けが功を奏し、次の最終ベットで奇跡を起こすことに…!

◆やっぱり持ってるスター芸人TAIGA

最後のチャレンジは恒例の「パーティーピリピリ」。反射神経と集中力が試されるこのゲーム。赤ランプが緑ランプに変わり、警告音が鳴った瞬間に握ったハンドルのボタンを押すのだが、一番に押した人以外は、ピリピリ電流を食らう。

パネラーである上田とアキトは、4人の中で一番になる(ピリピリを回避する)人を予想する。最終レースのオッズは、前回このゲームで勝った玉井だけ2倍で、残り3人は10倍。

ここまで順調だったアキトはもちろん、上田にもチャンスが巡ってきた。ここで上田はTAIGAに、アキトは高城に全点数を賭ける。

運命の勝負…静寂に包まれたスタジオに、警告音がこだますると、3人が絶叫。静かに拳を上げたのはなんとTAIGAだった!

前回の「ももクロChanダービー」ではパネラーとして10万円を獲得したTAIGAが、今回は上田に10万円をもたらすドラマティックな結果に!

令和に舞い降りた幸運のロカビリースター。「やっぱTAIGAさんってすごい。さすがトレンド入りする男ですよ」と玉井からもお墨つきをもらったTAIGA。2022年はさらなるブレイクが期待できそうだ。

一方、前回「パーティーピリピリ」で勝った玉井は悔しい敗北。しかし芸人顔負けで「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っっっ! 痛った!」と絶叫する玉井のリアクションは、ある意味優勝だった。

参加者全員が思わず本気になってしまう「ももクロChanダービー」。前回につづき賞金が連発し。ももクロChanスタッフは及び腰かもしれないが、懲りずにまた開催してほしい!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年1月28日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事