テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

藤井流星&白洲迅、ついに本格始動!“鹿楓堂メンバー”に急接近<鹿楓堂よついろ日和>

おいしくて優しい“癒やし系飯テロドラマ”『鹿楓堂よついろ日和』。

先週放送された第1話のエンドロールで、スイ(小瀧望)の双子の兄でホテル「イーストサイドグランデ」の社長・東極八京役の藤井流星(ジャニーズWEST)が登場した。

そんな八京が、本日1月22日(土)放送の第2話からついに本格登場! 笑顔ひとつ見せない冷徹な仕事ぶりを披露する。

また、八京の友人でイーストサイドグランデの鬼才パティシエ・角崎英介を演じる白洲迅も初登場!

彼らはシェアハウスしながら仲良く働くスイら鹿楓堂メンバーに、波乱を巻き起こすことになるのか?

ほのぼの鹿楓堂メンバーとは真逆で、クールな八京と不敵な笑みを浮かべた角崎。なんだか不穏な気配を漂わせる2人の動向にも注目だ!

◆津田寛治&ゆうたろう、ゲスト出演!

第2話で最初に鹿楓堂にやって来るのは、ボロボロに疲れ切った新人サラリーマン・柴野亮平。

ようやく食事にありつけることになり、張り切って天丼を注文したものの、メニューになく絶望する柴野をゆうたろうが演じる。

新人サラリーマンという役柄にふさわしく(!?)、なんとゆうたろう本人もドラマでスーツを着用するのははじめて!

記念すべきドラマ初のスーツ姿で、天丼への思いを募らせながら激しく一喜一憂する柴野をハツラツと熱演する。

さらに柴野と時を同じくして鹿楓堂を訪れることになる桜田文彦を演じるのは津田寛治。

津田が、妻を亡くして無気力な毎日を送る桜田を哀愁たっぷりに体現する。

たまたま店に居合わせた柴野と桜田だが、サクふわのとり天丼とまかないの冬野菜たっぷりカレーという鹿楓堂のスペシャルメニューを頬張るうちに、悲しい思い出があふれ出してきて…?

しかし、2人はおいしいご飯を食べながら過去と向き合ううちに、少しずつ心を通わせていく。

◆第2話 あらすじ

愛する看板猫・きなこの誕生祝いに秋刀魚を焼いているスイ(小瀧望)の肩に、優しく羽織をかけるときたか(葉山奨之)。美味しそうな匂いにつられて、パジャマ姿の椿(大西流星)やぐれ(佐伯大地)もやってきて、4人の平和な朝が始まる――。

そんなある日、ボロボロに疲れきった新人サラリーマン・柴野亮平(ゆうたろう)が、鹿楓堂に現れる。開口一番「天丼ください!」と叫ぶ柴野だが、店のメニューに天丼がないことが発覚し絶望。

うちひしがれるその姿を見た料理担当ときたかは、一念発起。たすきをかけ、いつにない真剣な形相で作り上げたのは、サクふわジューシーな特製の「とり天丼」で…?

時を同じくして、妻を亡くし無気力な日々を過ごす桜田文彦(津田寛治)も、鹿楓堂を訪れていた。

ため息をつきながらメニューを開く桜田だが、ふと食欲をそそる美味しそうな香りが漂ってくる。まかないで用意されていた冬野菜カレーの匂いに、在りし日の妻の姿を思い浮かべる桜田で――。

一方、スイの双子の兄で、ホテルイーストサイドグランデの若き社長・東極八京(藤井流星)のもとに、不敵な笑みを浮かべた怪しい男(白洲迅)が現れて…?

※番組情報:『鹿楓堂よついろ日和』第2話
2022年1月22日(土)よる11:30~深夜0:00、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『鹿楓堂よついろ日和』の地上波放送終了後にドラマ本編を配信中。さらに、スピンオフコンテンツ『ヒミツの鹿楓堂』も独占配信中!

※『鹿楓堂よついろ日和』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事