テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・玉井詩織、Yes!アキトと一緒に盛大にスベる!アキト平謝り「巻き込んですみません…」

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、前回に引き続き、人気企画「ももクロChanダービー」をお届け!

ゲスト芸人を迎え、玉井詩織と高城れにがさまざまな課題にチャレンジしていく!

玉井と高城に加え、芸人のTAIGAとオテンキGOが“出走馬”となり、「クイズ」「なぞなぞ」「体力測定」など多岐にわたる課題にチャレンジ。

ゾフィー上田航平とYes!アキトはパネラーとして、クリアできると予想した“出走馬”に持ち点を賭けながら、10万点を目指す。10万点を獲得すると、番組から10万円の賞金が贈呈される。

出走馬のオッズは、馬の得意・不得意に合わせて、番組スタッフによる独断と偏見でつけられる。

◆しおりんとアキトのでこぼこコンビ

上田17000点、アキト14000点で迎えたのは、一般常識問題。「11月の祝日を2つ書いてください」というもの。

オッズはそれぞれ、玉井が3倍、GOとTAIGAが4倍、高城が一番高い6倍となった。「まっとうな結果だと思います、見返したい…」と静かに燃える高城。玉井はまたまたオッズが低いため、「賭けられない可能性があります」と少し寂しそう。

そんな玉井に4000点を賭けたのがアキトだ。「芸人は祝日じゃなくて平日を休みだと思う人間」と芸人にとっての祝日について語り、「自信ありそうだなぁと思って」と玉井に期待を込めた。

これに対し玉井は「まぁアキトさんなんで気楽にやりたいです」とノンプレッシャーな様子で、「文化の日」「勤労感謝の日」と見事正解。

喜ぶアキトを見つめながら拍手をし、アキトの持ちギャグ「イェーイ、ハンバーグ職人でーす!」をかます玉井。

さらに唐突に幼いころからトイレに貼られたカレンダーを見るのが好きだったと語ってきた玉井に、アキトが「カレンダー見るイメージありましたもん」と雑に絡む。

「やっぱり? けっこうアピールしてたんですよ」と玉井も乗っかってあげるが、アキトの盛り上げきれなかった返しに、司会のオテンキのりから「なんですか、この不毛な会話は」とツッコまれてしまう。

玉井も「乗ってみたんですけど、もらい事故でした」といい、アキトも「巻き込んで死んじゃいました、すみません…」と平謝り。せっかく玉井が「ハンバーグ職人」をやってくれたのに、残念なアキトであった。

◆ゾフィー上田、幻のポップなゲップ

最高オッズ6倍となった高城に、上田は4000点を賭けた。前回の漢字問題で見せた「信頼と実績」に期待しての選択だという上田。

アキトが玉井へ応援一発ギャグを披露した流れで、のりが上田にもギャグを振ると、腹話術人形のふくちゃんによる「人間モノマネ」をやりだす。

ふくちゃんの口をおもむろに開けると、大きなゲップの音が収録スタジオにこだまする。予想外の出来事に静まり返るスタジオ。気まずそうに「あ、間違えた…」という上田。

「すみません、高城さん! ポップなゲップを出そうと思ったんですけど、生々しいゲップが出てしまいまして…」と上田は謝りまくる。そもそもポップなゲップでエールを送るというのもよくわからない。高城も「やだぁ〜」と笑うしかないのであった。

◆GOのホラー解答

パネラー芸人たちが玉井&高城とうまく絡めない一方で、出走馬のGOは、11月の祝日を「ひな祭り」と「こどもの日」という恐怖解答を出す。ボケにもなっていないGOのヤバすぎる答えに、相方のりも「ホラー映画のような答え」とツッコんでいた。

同じく不正解だったTAIGAは「敬老の日」を「敬労の日」と書く凡ミス。ウーバーイーツのバイトをいまだに続けるTAIGAらしく、労働を敬っている心境が思わずこぼれ出してしまったのかもしれない。

そして高城は「勤労感謝の日」を当てたものの、「健国記念日」と解答し漢字ミスで不正解に。のりに詰められると、「そうですよね、ほんとにそうなんですよ…」と落ち込むのだった。

玉井以外の出走馬のおバカぶりが明らかになったところで、今回は終了。上田13000点、アキト22000点で、次回はいよいよダービー最終決戦!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年1月21日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事