テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ロッチ中岡、芸人を辞め父親とも絶縁していた!「秘密の5年間」を激白

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

同番組のお正月SPが本日1月3日(月)に放送。ロッチ・中岡創一が相方のコカドケンタロウとともに登壇し、「頑固なのに優柔不断なせいで、いろんな人に大迷惑かけちゃった先生」として授業を行う。

ロッチといえば、『キングオブコント』決勝に3回も進出した実力派コンビとして知られているが、中岡はその性格のせいで芸人を辞め、父親とも絶縁していた過去があったことを激白する。

◆中岡が知られざる5年間を激白!

授業冒頭、中岡は“5年”という数字を生徒たちに告げる。実はこれ、芸人を辞めていた期間だったと打ち明け、生徒たちからは驚きの声が上がる。

中岡は22歳から27歳の5年間、ある出来事をきっかけに芸人を辞めて工場で働き、その5年で芸人仲間、恋人、家族とすべての信頼関係を失うしくじりをやらかしていたのだ。

そしてそのしくじりを引き起こした背景に、「頑固なのに優柔不断」という面倒な性格があったと激白。

中岡は、「一度決めたことは曲げないのに、自分がふと違うと思ったら、コロッと意見を変えてしまう」と自身の性格を分析。なぜすべてを失うことになったのか、その詳細をテレビ初告白していく。

◆初彼女と結婚を夢見て芸人を辞める決断!

今でこそ過酷ロケに挑んでドジをやらかすイメージの強い中岡。しかし実は、NSC大阪校在学中は“16期イチの天才”とよばれていたとか。

そして、同期の2人から組んでほしいと誘われてトリオを結成。卒業後、劇場でネタを披露するようになり、相方2人には「自分は爆笑王になる」などと豪語。かなり尖っていたと振り返る。

しかし、人生で初めての彼女ができたことから、しくじりの第一歩がスタート。

この大チャンスを逃したら結婚できないと思い込んだ中岡は交際をはじめて2カ月後、「彼女を幸せにするために芸人を辞める!」と決意。

「一度決めた道をあきらめるとは!」と父親からは大激怒されたが、頑固な中岡は考えを曲げず、彼女との結婚資金を貯めるために愛知県内の工場に就職した。

◆山本舞香や高山一実もあきれ顔!?

ところが、工場で働きはじめて4年半、結婚資金が貯まったところでプロポーズしようとしたところ、衝撃の事態がぼっ発。その出来事で結局、何もかもを失うハメになったという。

そのとき、どん底まで落ち込んだはずの中岡…。しかし、それ以降も「頑固なのに優柔不断」な性格のせいでしくじりを連発!

しまいには“歴史的しくじり”までやらかし、父親にもコカドにも大迷惑をかけまくったと白状する。生徒役の山本舞香には「さっきから聞いてりゃ本当にもう…」とあきれられ、高山一実からは「最悪!」の言葉が飛び出す展開に…。

最後、中岡は数々のしくじりから学んだ人生の教訓を発表。はたして、中岡はどんな反省と決意を語るのか? 今回は、中岡のしくじりとともにロッチの結成秘話やコンビ愛も明かされていく。

番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』お正月SP
2022年1月3日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事