テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

麒麟・川島、Snow ManにM-1挑戦を提案!「芸人のフィールドに来てほしい」

番組をおもしろく盛り上げるべく、VTRの編集後に加える“ナレーション”。それを先に録っておいてロケを行ったらどうなるのか?

1月1日(土)、そんな奇想天外な試みに挑戦する実験型バラエティ『ナレーションガチャ~その通りにできるかな?~』が放送される。

MC・川島明(麒麟)、サブMC・高山一実のもと、スタジオにはロケに挑んだ出川哲朗、Snow Man・渡辺翔太が集結。

小島瑠璃子、本仮屋ユイカという豪華ゲストも揃うが、ロケだけではなくスタジオ収録でも想定外のナレーションに翻弄される事態がぼっ発し、大混乱の展開に!

◆出川哲朗とSnow Man深澤・渡辺・佐久間が過酷ロケに挑戦!

『ナレーションガチャ~その通りにできるかな?~』は、“事前に収録済みのナレーションどおりにロケを進行する”という超斬新な企画。

今回過酷撮影に挑んだのは、ロケの達人・出川哲朗とSnow Manの深澤辰哉、渡辺翔太、佐久間大介という2組。

出川は「出川さん、牛の乳しぼりを体験して感動!」というナレーションに従って牧場ロケで牛とたわむれるが、まるで“ガチャガチャ”のように無謀なナレーションが次々と繰り出され、悪戦苦闘するハメに。

一方、Snow Manの3人は巨大ドミノ製作ロケに挑戦!

ところが、せっかく並べたドミノを崩さなければならない状況に追い込まれ、メンタル崩壊の危機!?

これまでにないつらいロケを体験した出川と渡辺は、自分たちのチャレンジがどう編集されているのかドキドキな様子で、出川は「いやもう、VTRを見るのがマジで怖くて、怖くて…」と本音を吐露。

渡辺も「本当に力量が試されたロケで、とにかくナレーションには振り回されました…」と過酷ロケへの感想を口にしていた。

◆スタジオにもナレーションボタンが登場し大波乱

そんな2組の予測不能なロケVTRを見てスタジオは大盛り上がり。しかし、無謀な企画に乗り出したスタッフのチャレンジ精神はおさまらず、なんとスタジオにも恐怖のナレーションボタンが登場!

最初に流れたのは「頑張ったロケを本仮屋さんにほめられて、メロメロになっちゃった出川だった」というナレーションで、そのとおり本仮屋に絶賛してもらった出川は大喜び。

その後「なんと、ここでSnow Man・渡辺にこじるり(=小島瑠璃子)からきっつーいダメ出しが!」とかなりやりづらいナレーションが飛び出し、白羽の矢を立てられた小島はがく然。

苦肉の策でなんとか厳しいダメ出しをひねり出したものの、渡辺に対して恐縮しきり。いったい小島は、渡辺にどんなダメ出しを送ったのか?

◆川島明(麒麟)コメント

――収録の感想を教えてください!

これぞ、令和のバラエティ。勝手にゴールを決められ、そこに向かって努力しなくちゃいけないなんて、日本一斬新なスタイルではないでしょうか。バラエティ界のデスノートともいえますね。

スタッフにとってはロケVTRの編集が楽だと思うので、今後はこれが主流になるかもしれませんね(笑)。

――もし自分がナレーションを先録りできるとしたら、今回の共演者にやってもらいたいことは?

僕がこの番組の出演者にナレーションを送るとしたら…『Snow Manの3人は、2022年、“M‐1グランプリ”に挑戦する』というのがいいな。

3人のVTRがすごくおもしかったので、ぜひ芸人のフィールドにも来ていただきたいなと思いました。

――ガチャガチャのように何が飛び出すかわからないモノにハマった経験は?

僕ら麒麟は劇場の舞台に立つ仕事が1か月に2回ほどあるのですが、僕は毎回、何のネタをやるか相方の田村裕に教えないんです。どうツッコんでくるか、楽しみなので…。

だから毎回、ガチャガチャ感覚です。相方にとってはしんどいでしょうが、予定調和にならないからこそ、魂がこもった心からの「なんでやねん」が出るんです。

でもたまにネタが飛んで「なんてツッコむんやったっけ?」というツッコミが出ることもあり、それが飛び出したときは当たりだなと思っています。

――この番組は瞬発力や対応力が要求される企画ですが、それらに自信はありますか?

僕もそれこそ若手のときは台本を一言一句覚えて事前にシミュレーションしていましたが、ありがたいことに多くのお仕事をいただくようになると、そこまで深く台本を確認できないこともあります。

でもなぜか、そういうときの方がうまくいくことが多いですよね。準備が足りないからこそ本番、一生懸命頑張るのかな。あまり決めすぎるのもよくないんですよね!

◆高山一実 コメント

――収録の感想を教えてください!

プロフェッショナルが集まった番組だなと思いました。出川さんは身体を張ってナレーション以上のおもしろいロケを見せてくださいましたし、Snow Manの3人は大変なはずなのにキラキラした笑顔はもちろん、怒った顔などいろんな表情を見せてくださいました。

スタジオゲストのこじるりさんはナレーションどおりに的確な毒を吐いてくださったし、本仮屋ユイカさんは美しいだけでなく的を射たコメントをおっしゃって…それを川島さんがおもしろくまとめてくださいました!

――もし自分がナレーションを先録りできるとしたら、今回の共演者にやってもらいたいことは?

タキシード姿の川島さんと出川さんに、アイドルがよくやるような、甘いセリフやキザなひと言を言ってほしいです。おふたりの白のタキシード姿とか見てみたいです。

――この番組は瞬発力や対応力が要求される企画ですが、それらに自信はありますか?

私はアドリブ、苦手ですね。決められていることを話すだけでも、「噛まないでね」と言われちゃうと噛んでしまうぐらいです。

でも乃木坂46卒業ライブのとき、「格好つけたところで、どうせ自分はたいしたことない人間なんだから!」と思ったらすごくリラックスして、自分の思いをぜんぶ伝えられたんです。そんな経験から、向上心は持ちつつ過信しないように生きていきたいなと思っています!

◆出川哲朗 コメント

――収録の感想を教えてください!

いやもう、本当に大変でした。収録当日までVTRを見るのがマジで怖くて、怖くて…。

僕はどちらかというと自由にやらせてもらうロケが多いので、こうやってガチガチに決められることなんてなかなかない。スタジオのナレーションガチャもマジで恐怖でした!

――もし自分がナレーションを先録りできるとしたら、今回の共演者にやってもらいたいことは?

「Snow Man・渡辺と高山一実は元気なザリガニに自らの鼻を挟ませた!」というナレーションがいいかな、ぜひやってみてほしいです(笑)。

――この番組は瞬発力や対応力が要求される企画ですが、それらに自信はありますか?

僕はリアクションが大きかったからこそ、お仕事をいただけるようになったわけで、決められていることをやるとだいたい失敗しちゃうんですよね。でも、だからといってスタジオのナレーションガチャみたいに急に振られるのも怖いですね(笑)。

◆渡辺翔太(Snow Man)コメント

――収録の感想を教えてください!

決まっているナレーションに合わせて進めなければいけないので、本当に力量が試されたロケで、とにかくナレーションガチャには振り回されました。積み上げてきたドミノを途中で崩されたときはちょっとカリカリしちゃいました。ロケVTRには、僕らの喜怒哀楽がぜんぶ出ていましたね。

ちなみに、スタジオでこじるりさんがおっしゃってくださった言葉、とても勉強になりました。本当にすべてナレーションどおりの番組でした(笑)!

――もし自分がナレーションを先録りできるとしたら、今回の共演者にやってもらいたいことは?

「川島さん、出川さんはガチで1曲、熱唱した」なんて、どうでしょうか! おふたりの真剣な歌を聴いてみたいです。

(川島から『M-1グランプリ』に挑戦してもらいたいと言われ…)いやいや、それは無理ですよ。とんでもない! ライブやるよりも緊張しちゃいます!

――この番組は瞬発力や対応力が要求される企画ですが、それらに自信はありますか?

大先輩や豪華な共演者の方がいらっしゃると、緊張してアタマが真っ白になっちゃいますね。早口になったり、落ち着きがなくなったりしてしまうんです。まったく自信ないですね!

※番組情報:『ナレーションガチャ~その通りにできるかな?~
2022年1月1日(土・祝)深夜0:25~深夜1:25、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事