テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

M-1アナザーストーリー、今夜放送!50歳&43歳の“最年長コンビ”が成し遂げた奇跡

本日12月27日(月)、『M-1グランプリ2021 アナザーストーリー』が放送される。

たった一夜にして人生が激変し、一気にスターダムにのし上がる漫才頂上決戦「M-1グランプリ」。

過去最多6017組の中で1組だけが掴める“M-1ドリーム”を目指し、4分間に芸人人生を懸け、心血を注ぎ込んできた芸人たちの苦しみや悩み、そして歓喜。大会期間の半年間のみならず長年追い続けてきた密着カメラ映像で紡ぐドキュメンタリー作品だ。

今大会の決勝戦は、初出場組が5組という大混戦必至の顔ぶれとなった。

そんな史上最大の激戦を制し第17代王者に輝いたのは、ファイナリスト史上最年長、50歳の長谷川雅紀と43歳の渡辺隆がコンビを組む錦鯉。

昨年も決勝戦進出を果たした2人はテレビ出演が激増。そんな中でも漫才への努力を惜しむことはなく、先輩芸人たちのアドバイスを受け、常に「M-1グランプリ」を意識してきたという。

若い世代が台頭するなか、お笑いを追求する彼らの信念とは一体どのようなものだったのだろうか?

そしてまた、「M-1」に人生を賭して臨んだ漫才師は錦鯉だけではない。

決勝戦初出場を成し遂げた、真空ジェシカ、モグライダー、もも、ランジャタイ、ロングコートダディ。決勝戦の舞台を経験したことのあるインディアンス、オズワルド、ゆにばーす、そしてラストイヤーながら敗者復活戦を制したハライチは、何を思い、何を追い求めてきたのか?

累計のカメラは数百台。撮影時間も1000時間をゆうに超え、さらに歴代大会の膨大な密着ライブラリの中から1カット1カット丁寧に取材映像を積み重ねたこのドキュメンタリー。

これまでどんな逆境にも決して折れることなく、漫才師としての信念を貫き通してきたM-1戦士たちの真の物語だ。

※番組情報:『M-1グランプリ2021 アナザーストーリー』
2021年12月27日(月)午後11:15 ~ 深夜0:15、ABCテレビ・テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事