テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ついに帰ってきた!『ももクロChan』名物企画「ぶらり高城れに」。今回は激辛チャレンジ!

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、名物企画「ぶらり高城れに」が2年ぶりに帰ってきた!

高城れにと玉井詩織のふたりが、自由に、好きなように“ぶらり旅”するこの企画。今回はいったいどんな表情を見せてくれるだろうか。

◆懐かしのオープニングミニコント!いつだって“タカさん”のそばには“タマさん”がいる!

ロケに行けず、スタジオ収録が続いていた『ももクロChan』。満を持して、ロケ企画が復活! 都内のあるお店に番組のカメラが訪れると、店内で待ちかまえていた高城は「2年間待ちわびてたんだよ! 俺をほったらかしにして」と懐かしの茶番を行う。

さらに「相変わらずカメラ少ねぇなぁ」「スマホで動画まわしとけ!」とスタッフに指示して荒ぶる高城だが、久しぶりのロケでどこかうれしそう。ここで、高城にとって朗報。今回の「ぶらり高城れに」はなんと、高城が愛してやまない、激辛料理を食べるという。

ここ最近、番組スタッフを捕まえては、「(番組企画で)激辛やろうよ〜」と甘い声でおねだりしていた高城。今回はその願いが叶って「東京激辛ヒートアップの旅」で「ぶらり高城れに」の復活を祝うのだ。

ここでようやく、パートナーの玉井が登場。

長いオープニングにしびれを切らした玉井は「ちょっと待って。ふたり(高城と佐々木(敦規)ディレクター)で進めようとしてたけど。ぶらり高城れにといえば、私あってこそでしょ?」と突っかかるが「いつだって高城れにのそばには…玉井詩織がいた…!」ということで、今回もふたりでお届けする。

◆ぶらりの長い歴史!高城れに(18歳の)すっぴん公開!?

2年ぶりということもあり、思い出話に花が咲くふたり。

高城の高校卒業旅行と称して、韓国に行ったこともある「ぶらり」。その際、高城は激辛を食べたが、ノーメイクで汗だくになったそう。

玉井が「マレーシアでライブして帰ってその足で韓国に行ったから、(疲れていて)相当むくんでたんじゃない?」と言うと、すかさず当時の写真を見せるスタッフ。

「待って、これ放送禁止だから!」と動揺する高城にはお構いなしで、当時の写真が披露される。10年続く長寿番組だからこそ見られる、レアな写真だ。

最初は写真を出されることを嫌がっていたが「今のほうがすっぴんかわいいかも」と玉井に言われると、案外まんざらでもなさそうな高城であった。

「今後『ぶらり』で行きたいところは?」と尋ねられた高城は、玉井とふたりで桜を見に伊豆へ行ったのが楽しかったと振り返り、「(今度は)もうちょっと時間をたっぷりとって(行きたい)」と語る(「ぶらり高城れに 伊豆編」はテレ朝動画#377〜#379)。またふたりが仲よく旅する様子を観られる日が待ち遠しい。

◆「私ならいける」激辛にただならぬ自信を見せる

そしていよいよ待望の激辛料理が登場!

今回、「東京激辛ヒートアップの旅」で最初に食べるのは、恵比寿の「ライオンのいるサーカス」というお店の「超DEATHつけナポリタン」だ。

静岡県富士市のご当地料理「つけナポリタン」をアレンジした通常の「DEATHつけナポリタン」は辛ウマで有名な蒙古タンメン中本の辛さに匹敵する。しかしなんとこの「超DEATH」はその3倍の辛さ!

ちなみに、案内役の玉井は、お昼に焼肉弁当をたらふく食べたということで、今回はチャレンジせず。あくまでもこの企画、高城が大好きな激辛を楽しむというもの。けっして罰ゲームではないので、玉井が無理して食べる必要はないのだ。

数々の激辛の番組を観ながら「私ならいける」と思っている高城は、マグマのように真っ赤なスープを見ても、表情を崩さない。玉井曰く、かつてデスソースを持ち歩いていたほどの激辛好きな高城。この「超DEATHつけナポリタン」もあっさり食べてしまうのだろうか。

◆激辛に汗だくなれにちゃん、やっぱりボケる

いざ実食! ためらうことなく口へ運んだ高城は「うん、辛い! 辛いけどとってもおいしい!」と言って、平然としている。

「食べたあと、2時間くらい口が痛かった」という店員も、高城の食べっぷりに驚く。口の中はノーダメージな高城だが、もともと汗っかきなため、すぐに汗だくに。その汗の量だけが、「超DEATHつけナポリタン」の威力を物語っている。

「この日は3軒回るから、ほどよきところで」と番組スタッフにこのあとも続く激辛ロケを心配して言葉をかけられても、箸を止めない高城れに。とにかく激辛が好きなことがよく伝わってくる。

玉井に「辛さレベルはどれくらい?」と尋ねられ、「マックスが5だったら…」と言い出す高城。なぜかわかりやすく10段階にしない高城が出した辛さレベルは「2.5くらいかな」。

玉井に「半分! じゃあやっぱ10段階でよかったんじゃないかな」と笑われる高城。激辛には強くても、やっぱりどこか間が抜けているのであった。

1軒目はノーダメージで舌鼓を打った高城だが、「ちょっと辛さに負けそうなれにちゃんを見たい」という案内人の玉井に連れられ、2軒目へ。

高城のちょっとくじけるとこ見てみたいが、いつものようにおいしそうに食べる姿はやはりかわいい!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2021年12月17日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事