テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

浜口京子、スタジオで大暴走!マツコも衝撃「テレビに携わるようになってトップクラスの出来事」

12月17日(金)、『マツコ&有吉 かりそめ天国』3時間スペシャルが放送される。

今回はマツコ・デラックスと有吉弘行がメールで寄せられたテーマについてトークするほか、スタジオに“かりそめファミリー”の大久保佳代子、ずん・飯尾和樹、浜口京子が登場。

5人揃ってのトークでは、はじめてのスタジオトークに緊張気味の浜口が大暴走! これまでにない展開に、マツコ&有吉もただただあ然とする。

◆浜口京子、スタジオトークで大暴走!

年末に際し、マツコ&有吉にどうしても伝えたいことを伝えにやってきた3人。「若い芸人さんと共演したいけど迷惑かな?」という大久保のガチ悩みや、上昇する一方の飯尾の「好感度」についてトークを展開する。

そんななか、はじめてのスタジオトークで珍行動を繰り返す浜口。趣味としている俳句を詠んでみたり、マツコ&有吉と『かりそめ天国』で一緒にやりたいという突拍子もない企画を次々プレゼンしてみたりと独特な世界を繰り広げ、ひたすら4人を戸惑わせる。

挙げ句、ラストには浜口流の謎の“一本締め”まで飛び出し、スタジオはパニック状態に!

とんでもない展開になってしまった“あの時間”を振り返り、「あれはテレビに携わるようになってからトップクラスの出来事だったわ…」とマツコ。有吉も「スペシャルの収録は京子ちゃんのことしか(頭に)残ってないよ」とその衝撃の大きさを語る。

「画面を通して見たらどうなるのか、(オンエアが)楽しみ」と、スペシャルの放送を密かに心待ちにしていることを明かしたマツコと有吉。

マツコは「京子ちゃんの姿を見て、テレビの正しい在り方を感じたわ」と年の瀬にあらためてテレビのおもしろさを実感したとともに、「久々に“仕事をしてる!”っていう感じで楽しかった」と実は充実感に溢れていたことも明かした。

さらにマツコが「(チャンカワイと狩野英孝、宮下草薙・草薙航基の)ドイツ村もおもしろかったし、一番おもしろくなかったの、あたしかも…」と反省すると、有吉は「まだそんな勝負してるの!?」とびっくり。

「今回のスペシャルのロケVTRは全部おもしろかった!あたしもたまにはそういう仕事をしないと…」と今後の自身の仕事にも変化を求めていた。

番組では、2020年の年末スペシャルで手筒花火に挑戦したチャンカワイ、狩野英孝が再び登場。その2人に宮下草薙・草薙を加え、2021年3月以来番組に登場していなかった3人が「ファイヤーショー」に挑戦!

ファイヤースタッフ、炎剣、フレームソードという難易度の高い技を含む一連のファイヤーショーに挑むことになるが…。

そして、もう中学生が北海道のある広大な土地から中継で登場。マツコと有吉のために“あるもの”のおいしい食べ方を調査するべく、農家を訪れる。

はたしてもう中学生は、なんの調査に向かったのか?

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国』  3時間スペシャル
2021年12月17日(金)よる6:50~9:48、テレビ朝日系24局

※『マツコ&有吉 かりそめ天国』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事