テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

高野洸&綱啓永、『デキないふたり』に参戦!山本舞香とイケメン4人がまさかの五角関係に

1月3日(月)に放送される、主演・山本舞香、共演・板垣瑞生の地上波×動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)完全連動ドラマ『デキないふたり』。

先日発表されたイケメンデザイナー・金城冬馬役の塩野瑛久に続き、このたび追加キャストとして、高野洸、綱啓永の出演が決定。5人が揃った貴重なビジュアルも公開された。

さまざまなフィールドで活躍するタイプの異る板垣、塩野、高野、綱という4人が一堂に集結し、個性が爆発。同期、先輩、元カレ、後輩、山本との間でまさかの五角関係を繰り広げる。

本作は、過去に最悪の別れ方をした広告会社で働く同期の男女が、ライバルとして営業成績を競い合い、顔を合わせればディスりの応戦、ケンカばかりの毎日だったが、あることをきっかけに2人の関係が微妙に変化しはじめ…。激しくぶつかり合いながらも、心の内ではそれとは真逆の“きゅん”が同時多発する「#ディスきゅん」満載の大人のオフィスラブコメディーだ。

◆2.5次元で活躍してきた高野洸がドラマで新境地

高野が演じるのは、奈緒(山本)の元カレ・紺野賢太。まだ奈緒のことを意識しているようで、後に衝撃的な再会をはたし、ひと騒動を巻き起こすことに…。

かつてDream5で活動していた高野は、歌やダンスという圧倒的なパフォーマンス力を生かして、舞台を中心に活躍。近年では2.5次元俳優として人気を集め、確固たる地位を築いている。

さらに2019年には高野洸として初のファーストシングル『LOVE STORY』をリリースし、2021年には初のソロツアーも成功させるなど多岐に渡る活躍を見せる高野だが、その進化は留まるところを知らず、今回ドラマで新境地を開くことに!

自身にとって初となるベッドシーンに挑んだ高野は、「はじめての経験でしたし、撮影初日ということもあり、ドキドキしました」と心境を明かす一方で、「役者として見ている方に驚きや衝撃を与えられる存在でありたいと思うので、今回また新しい一歩を進められたかなと思います」と語った。

◆戦隊や恋愛リアリティーで人気を博した次世代ホープ・綱啓永

綱が今作で演じるのは、広告会社に勤める奈緒の後輩・桃川勇希。奈緒のことを慕い、明るい笑顔で和ませ癒す、究極の愛されキャラクター。

2017年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝き、2018年に芸能界デビューをはたした綱は、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019年)のリュウソウブルー/メルト役で注目され、恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』(2021年)に出演すると、その明るく真っすぐな姿に見る人の心を鷲づかみにして話題に。数々の話題作に出演するZ世代注目の次世代ホープだ。

今作で演じる桃川は、妖精のような可愛さをもつ綱の魅力が全開のハマり役。綱自身も「ひたすらに“可愛く”というのを意識しました(笑)」と演技にこだわったという。

そんな綱は「ラブコメディーが大好き」で、「脚本を読んだらまさにストライクゾーンで、読みながらニヤけてしまいました(笑)」とこの作品を楽しみにしていた。

実際に撮影に入ってもその期待は裏切ることなく、「現場はとても楽しくて、クランクアップを迎えるのが寂しいです」といえるほどの充実した日々だったようで、「もっとこの現場いたかったなって思えるような、とても素敵な作品に出会えました」と語った。

さらに今回、奈緒が慕う先輩・赤江涼子役で野呂佳代の出演も決定。

涼子の寿退社を機に奈緒と黒瀬の距離がグッと近づくことになる、2人の関係に変化を起こすきっかけとなった人物。奈緒と黒瀬に世話を焼きつつ、ふたりの関係を案じる理想の上司・野呂の姿にも期待だ。

◆高野洸(紺野賢太・役)コメント(全文)

最初に脚本を読んだときには、紺野は率直に言うと“嫌なヤツ”という印象が強かったのですが、そんな紺野にどんな過去があって、嫌な部分が表に出ているのかと考えました。

紺野を演じるのにもちろん抵抗はなかったですし、ヒール役を演じるのははじめてなので、しっかり務めさせていただきたいなって思いました。また、今回ベッドシーンがあったのですが、僕にとってはじめての経験でしたし、撮影初日ということもありドキドキしました。

役柄をはじめ今作ではたくさんの新しい挑戦をさせていただきました。役者として見ている方に驚きや衝撃を与えられる存在でありたいと思うので、今回また新しい一歩を進められたかなと思います。

お正月にドラマの冒頭がベッドシーンでびっくりするんじゃないかなと思いますが、お互いの気持ちを伝えられない奈緒と黒瀬の掛け引きだったり、きゅんきゅんする恋愛だったり、そして、紺野の登場で予想外のことが起きたり…、盛りだくさんのおもしろい作品に仕上がっていると思います。

2022年にまずは『デキないふたり』を見て、1年を楽しく過ごしていただけたら嬉しいですね。

◆綱啓永(桃川勇希・役)コメント(全文)

出演が決まったときは、とても嬉しかったです。もともとラブコメディーが大好きで、脚本を読んだらまさにストライクゾーンで、読みながらニヤけてしまいました(笑)。この脚本がみんなのお芝居で表現したらどういう作品になっていくのかと考えたら、すごく楽しみでした。

桃川を演じるにあたり、ひたすらに“可愛く”というのを意識しました(笑)。ビジュアルでも印象が変わってくると思うので、前髪のある柔らかい髪型にしたり、シュッとして見えるように少しダイエットもしましたね。

あとは、桃川を演じているときはスイッチが入るのか、自然と声のトーンが上がっていたと思います。

山本舞香さんを筆頭に本当に素敵なキャスト、スタッフさんに囲まれて撮影に臨むことができました。奈緒先輩と黒瀬先輩の「#ディスきゅん」もおもしろいですし、僕自身としても“可愛い”桃川を演じたつもりなので、たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです。個人的には続編も期待しています(笑)。

◆原作マンガで話題の“目隠しキス”入り本編予告が初公開

また、ドラマの予告映像も初公開された。

奈緒と白藤がオフィスでディスり合うシーンはもちろん、原作漫画でも話題の“目隠しキス”も。さらにテラサ版でしか見られない奈緒と金城の甘いデートシーンまでちょい見せ。

極め付けは黒瀬からだだ漏れる“きゅん満載”の心の声…1本の予告でディスきゅんとムズきゅんが両方楽しめる内容となっている。

※番組情報:スペシャルドラマ『デキないふたり
地上波:ディスきゅん編
2022年1月3日(月)深夜0:15~、テレビ朝日系
TELASA:ムズきゅん編
2022年1月1日(土)深夜0:00~
※地上波:ディスきゅん編は2022年1月3日(月)放送終了後配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事