テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

いくつわかる? 2021年のギャル流行語「キャパい」「ちょんバレ」「こみこみで」

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて好評配信中の『納言幸のやさぐれ酒場』。

お笑いコンビ「納言(なごん)」の薄幸が、さまざまなゲストとサシ飲みしながら赤裸々トークを繰り広げる人気企画だ。

12月9日に公開された動画には、令和の白ギャルとしてブレイク中のゆうちゃみ(20歳)が登場。最新ギャルメイクや流行中のギャルゲームなど、ギャル文化を幸に伝授している。

なかでも盛り上がったのが、ゆうちゃみが選ぶ「2021年の流行語」を紹介した場面。

ちょんバレ」「こみこみで」「羽ばたいてるね」などのギャル語が登場し、その意味を幸が推測することに。

ちなみに「ちょんバレ」は「超バレた」という意味で、隠していたことがバレてしまったときに使う言葉。「こみこみで」は「込み入っています」、「羽ばたいてるね」は「すごく楽しいね」という意味があるという。

令和のギャル語の意外な意味が明らかになり、幸は「そうなんだ!」と終始驚き顔だった。

◆爆笑問題・太田に「めっちゃギャルじゃん」

そんななか、ゆうちゃみが「2021年の流行語」第1位に挙げた言葉は、「キャパい」。

キャパオーバーって意味なんですけど、ヤバいとかめっちゃテンションが上がっているとき(に使う)。逆にマイナスなイメージで『キャパいわぁ…』って言ったり」(ゆうちゃみ)

なんとこの言葉、爆笑問題の太田光も使いこなしているそう。

「『ゆうちゃみキャパいね』とか、すごくキャパいをうまく使っていただいてびっくりしました。めっちゃギャルじゃん!って」(ゆうちゃみ)

これに驚いた幸は「じゃぁそれ使っていこう!」と宣言していた。

 

※テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』はこちら

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事