テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

西野七瀬、涙の告白!主演ドラマ『言霊荘』への思い「何回もくじけそうになりました」

とある女性限定アパートで放った言葉が現実となり、“言霊”という人ならざる者に住人女性たちが次々と苛まれていく…。西野七瀬主演のテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』。

緊迫と恐怖入り混じる怒涛の展開を見せる同作が、いよいよ12月18日(土)に最終回を迎える。

現在テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』では、このドラマに全力で挑んできた西野のインタビューが公開中。クランクアップ直後に約2か月の撮影を振り返りながら、その心境をたっぷり語ってくれた。

今作がテレビ朝日初出演にして初主演だった西野は、「濃密な撮影期間であっという間でした。このドラマはとくに早く感じたのですが、“主演”ということが大きかったんだと思います」と振り返る。

じつは「何回もくじけそうになりました」という西野。「衣装チェンジするときが唯一ひとりになる時間で、ちょっとホッと力が抜ける瞬間なんです。そのときに『皆ほんとスゴイ…これを乗り越えているんだ』って、これまで主演をやってこられた方を思いながら着替えて、そしてちょっと自分を鼓舞していました」と撮影の裏側で奮闘していたそう。

それも真摯に向き合うからこその葛藤で、それを乗り越えてきた今は「絶対何か得られたものや自分の中で成長できたことが必ずあると思うし、『乗り越えられたんだから、次からも大丈夫』って自信にもなりました。本当にいい経験でしかなかったなって思っています…大変だったけれど(笑)」と充実感に満ち溢れた表情を見せていた。

そんな西野がインタビューの途中、目から涙が溢れる場面が! その涙の真相とは?

※テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』はこちら

※番組情報:『言霊荘』最終回
2021年12月18日(土)よる11:00~11:30、テレビ朝日系24局

※「ABEMA」では地上波放送終了後に配信!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事