テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

映画クレヨンしんちゃん、最新作は“忍者”!30作目にしてしんのすけ「出生の真実」が明らかに

2022年はクレヨンしんちゃん30周年! 毎年大ヒットを記録し続けた劇場版もいよいよ30作品目を迎える。

そして、記念すべき劇場版30弾のタイトルが『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(ちんぷうでん)』に決定した。

監督を手掛けるのは、『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』、『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の橋本昌和氏。

脚本は『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』、『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』、そして前作『謎メキ!花の天カス学園』のうえのきみこ氏と橋本監督との共同脚本だ。

長きにわたりシリーズを支えてきたスタッフたちによる本作は、ギャグ満載の忍者アクション超大作。嵐を呼ぶ5歳児が今度は“忍者”になり、映画の大スクリーンを縦横無尽に駆け回る。

そして本作で明かされる、しんのすけ出生の真実――なんと、しんのすけは野原家の子どもではなかった…!?

◆忍者スペクタクルアクション映画、見参!

この度、最新作の特報映像とチラシ両面のティザービジュアルが解禁。特報映像は、雨の日にひろしとみさえのもとにかわいらしい赤ちゃんが誕生するシーンからはじまる。

いくつかあった名前の候補から「しんのすけ」と名付け大切に育ててきたひろしとみさえに衝撃が走る。

「しんちゃんが、俺たちの子ども…じゃない!?」

耳を疑うようなセリフの次に映し出されるのは、ニンジャしんのすけ! 屋敷中に現れる謎の忍者軍団がしんのすけに襲い掛かるが、ニンジャしんのすけは敵の攻撃の前で見事な体さばきと本格忍法を披露!

と、思いきや「忍法分身の術」ならぬ「分シリの術」で忍者軍団を惑わす、いつものおバカパワーも炸裂する。

さらに映像には、「野原忍法」を駆使する野原一家、そして火を噴くインテリゴリラと妊婦のくノ一「ちよめ」、さらにこちらを覗く謎の少年の姿も。

何故しんのすけは忍者になったのか? はたして彼らは何者なのか? しんのすけは本当にひろしとみさえの子ではなかったのか? そしてもののけとはいったい…!?

<監督:橋本昌和 コメント>

今年の映画クレヨンしんちゃんは“忍者”です。忍びとして生きる人たちと、まったく忍ばない自由なしんのすけの出会い。主人公しんのすけのおバカと、わがままと、頼もしさと、優しさと、弱さと……しんのすけのいろいろな魅力を描きながら、そのしんのすけに影響され変わってゆく人たちの物語です。

飛び交う手裏剣! 炸裂する忍法! 試される野原家の愛! そして地球は滅亡の危機へ……しんのすけは奇想天外な忍法で地球を救うことができるのか!? お楽しみに!

<シンエイ動画プロデューサー:近藤慶一 コメント>

本作で映画クレヨンしんちゃんは「30作目」という節目を迎えます。毎年一歩ずつ歩みを進め、左足を出したら右足も出さなきゃと、気がついた時には30歩目を踏んでいました。

本来1歩を踏み出すことでさえとても大変なのですが、ここまでこられたのも自由奔放な野原しんのすけと一緒に歩んでいただいたみなさまのおかげです。

そして満を持しての30作目は、しんのすけの「生まれた日」から展開するザ・しんのすけムービーとなっております! 新たに描くおバカのキセキを、是非とも劇場でご堪能ください!

映画情報:『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』
2022年4月22日(金)全国東宝系公開
劇場前売特典:
「忍法色変化!?ニギニギ!忍者しんちゃん!」
・全国合計7万5千名様にプレゼント
・12月17日(金)より全国の上映劇場(一部劇場を除く)にて発売
・前売券1枚につき、1個プレゼント

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事