テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『デキないふたり』恋敵・金城冬馬役に塩野瑛久が決定!山本舞香「原作通りの顔面!」

1月3日(月)に放送される、主演・山本舞香、共演・板垣瑞生のスペシャルドラマ『デキないふたり』

このたび、山本と板垣の間に割って入るイケメンデザイナー役で塩野瑛久の出演が決定!

“三角関係”を繰り広げることになる3ショットが解禁された。

『デキないふたり』のストーリーは、過去に最悪の別れ方をした広告会社で働く同期の白藤奈緒(山本舞香)と黒瀬孝仁(板垣瑞生)が、ライバルとして営業成績を競い合い、顔を合わせればディスり合い、ケンカばかりの毎日。

そんななか、大型案件のコンペを一緒に担当することになった2人の関係が微妙に変化しはじめ、素直になれない奈緒と黒瀬。心の声では“きゅん”がさく裂しているにもかかわらず、相変わらず態度は真逆の罵詈雑言の応酬をするという「#ディスきゅん」満載の大人のラブコメディーだ。

◆塩野瑛久演じる金城冬馬が三角関係を巻き起こす!

素直になれないこじらせ男女の2人ゆえに、すれ違いや誤解も多々ぼっ発!

そんななか、奈緒に好意を抱く塩野演じるデザイナーの金城冬馬は、優しく奈緒を見守り、スマートに支え、さらには甘い言葉もストレートに伝えられる余裕のある超絶イケメン男性。黒瀬とは対照的なキャラクターで奈緒に急接近してくる。

心とは裏腹な態度をとり、奈緒に近づけずにムズムズする黒瀬にとって、金城は超ハラハラさせる存在だ。

◆山本舞香も大絶賛「リアル金城です!」

これまで数々の作品で活躍し、その作品ごとにまるで異なる役柄を見事に演じて存在感を放ってきた塩野。

とくに金城のもつ落ち着いた雰囲気や人を優しく包み込むスマートな対応は、まさに塩野に通ずるところがあり、劇中での塩野はもはや金城そのもの!

山本も「金城役は塩野さんにぴったりです!常に落ち着いていらっしゃるし、お芝居もやりやすい環境を作ってくださるので、ありがたいです」とコメント。さらに「リアル金城です!原作通りの顔面」と驚嘆するほどだ。

内面、外見ともに金城を体現する塩野に期待が高まる。

◆塩野瑛久(金城冬馬・役)コメント

――本作のオファーを受けたときの率直な感想と、脚本を読んだ感想をお聞かせください。

脚本を読ませていただき、まずはすごく楽しみだと感じました。

王道の恋愛作品は久しぶりだったのですが、恋愛関係の中で金城のような立ち位置の役はこれまでも演じることが多く、やり甲斐を感じています。

――金城冬馬を演じてみていかがでしたか?役作りでこだわった点や、ご自身との共通点、ギャップを感じた点などもございましたら教えてください。

原作の金城とは少し描かれ方が違うのですが、脚本に準じて作り上げつつ、原作とも共通する金城の奈緒ちゃんへの思いは大切にしながら取り組んでいます。

1時間のドラマという限られた時間の中で奈緒ちゃんへの思いをどう表現するか、その点を深く掘り下げてやっていこうと思っています。

金城と自分との共通点は…女性に優しいという点ですかね!(笑)

――山本舞香さん、板垣瑞生さんと初共演された印象を教えてください。

山本さんとは今回が初共演だったのですが、とても素直で、人懐っこさも持ち合わせている方だと思いました。壁がなく、とても話しやすかったですね。

現場ではなぜか「王子」と呼ばれています(笑)。座長の山本さんからは、現場を引っ張っていこうという気合いが感じられて、この作品に携わる者としてとても嬉しかったです。

――TELASA版では奈緒との“キス”シーンがありますが、撮影はいかがでしたか?

金城としては“見せ場”のシーンでした。夜景のキレイな場所での撮影で到着した瞬間に気持ちが入りましたね。

金城は男としてある意味“デキ過ぎ”なところもあるので、そこにちょっとわがままな部分や切ない部分を出せたらなと思い、このシーンはセリフにもト書きにも書かれていない金城の裏の思いを入れ込みました。

それを感じていただけたら嬉しいです。

――楽しみにしている皆さんへ意気込みやメッセージをお願いします。

今作では、物語の中盤で、キスをきっかけに男女の視点が切り替わる新しい試みをしていて、同じシーンでも、地上波版とTELASA版では見え方が異なります。地上波版では見えなかった感情が、TELASA版を見るとわかってくるところがおもしろい作品だと思います。

とくに金城の場合は、地上波で描かれていない部分がTELASA版では詳しく描かれていることが多いので、ぜひTELASA版にも注目して欲しいです。

両方楽しんでいただくことで、それぞれのキャラクターの理解も深まると思いますし、金城のこともより魅力的に感じてもらえるのかなと思います。

なお同作は、テレ朝史上初となる「地上波×動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)」の完全連動ドラマ企画。

地上波版では奈緒に好意を抱き、スマートな対応で近づく黒瀬の恋のライバルとして存在する金城だが、TELASA版ではなぜ奈緒を好きになったのか、そしてその思いを奈緒に伝えるためにどう向き合ってきたのか、金城の“真”の思いが描かれる。

※番組情報:スペシャルドラマ『デキないふたり』
地上波:ディスきゅん編
2022年1月3日(月)深夜0:15~、テレビ朝日系
TELASA:ムズきゅん編
2022年1月1日(土)深夜0:00~
※地上波:ディスきゅん編は2022年1月3日(月)放送終了後配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事