テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

佐野史郎、46年の俳優生活で初めての“途中降板”。緊急入院の詳細や病名を初告白

12月10日(金)の『徹子の部屋』に、佐野史郎が登場する。

66歳の佐野は今春、出演中のテレビドラマを体調不良のため途中降板した。

駆け出しの舞台役者時代に「役を降ろされた」ことはあっても、「自ら役を降りた」のは46年の俳優生活で初めての出来事だったという。

39度の高熱がでてPCR検査を受けたが陰性。しかし腎臓機能が危険なほど低下しており、帰宅も許されないまま緊急入院に。

2か月後に退院できたものの、詳しい病名などは、降板したドラマへの影響などさまざまなことから判断して公にはしてこなかった。

今回は、復帰してドラマに出演することを知らせるとともに、入院の詳細や病名などを初めて自らの口で黒柳徹子に報告する。

そのほか、29年前に「冬彦さんと母」として共演した野際陽子さんとの秘話や、今の自分と同じ年齢66歳で急逝した盟友・大杉漣さんとの思い出も語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年12月10日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事