テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ぺこぱ松陰寺、“遺書”を書く。2週に渡る感動ドキュメント、田村淳に直接取材も敢行

ぺこぱがMCを務める『ぺこぱポジティブNEWS』では、12月8日・12月15日(水)と2週にわたり、コメンテーターに伊集院光と髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)を招き、ロンドンブーツ1号2号・田村淳が手掛ける「遺書動画サービス」を取材した特別編を放送する。

ぺこぱの地上波初冠レギュラーで、2人がWキャスターを務め日本全国のポジティブなニュースだけを取り上げる“世界一ハッピー”な新感覚バラエティニュースである同番組。

普段はスタジオでポジティブなニュースを放送していたぺこぱ・松陰寺太勇が、今回はスタジオを飛び出し、キャスターとして自ら初取材を敢行。その相手は、田村淳だ。

田村はタレント業以外にもさまざまな活動を展開していることで知られているが、実は“遺書”について、あるポジティブな取り組みを行っている。そんな田村を「ポジティブな活動を行っている人=ポジティビト」として、キャスター松陰寺が直接取材をすることになった。

◆思い出の劇場で松陰寺が“遺書”をのこした相手とは…

遺書を動画でのこすというサービスを展開している田村淳。なぜ遺書がポジティブにつながると考えたのか?

取材を進めるうち、なんと自らも遺書をのこすことを考えた松陰寺。妻へ? 相方・シュウペイへ? はたして松陰寺が遺書をのこした相手とは?

いつもの「ぺこぱ松陰寺」のキャラとは全く違う表情で、遺書に真剣に向き合う。

初舞台の劇場を訪れ、芸人としての自らのルーツを辿り、売れない時代の思い出を語り始める松陰寺。そして遺書をのこした松陰寺が出会ったポジティブな想いとは?

思いもよらない感動の展開、そして普段のバラエティ番組では絶対に見ることのできない松陰寺の表情に注目だ。

後編では、いよいよ松陰寺が田村淳に直接インタビュー。

タレントとして活動しながら慶應義塾大学大学院に通い、「死者との対話」というテーマで研究を重ねた田村が遺書動画サービスを始めた最初のきっかけとは? 遺書をポジティブにとらえる田村の考えにキャスター松陰寺が切り込んでいく。

そして、松陰寺の相方・シュウペイへの想いも明らかに…。2週にわたって、普段とは異なる感動ドキュメント巨編を放送する。

※番組情報:『ぺこぱポジティブNEWS
2021年12月8日・15日(水)ともに深夜2:41~3:01、テレビ朝日(関東ローカル)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事