テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

カズレーザーも絶賛!ティモンディ前田の熱烈プレゼン本「SFで一番面白い作品が出てきた」

12月2日(木)の『アメトーーク!』では、4年ぶりに「本屋で読書芸人2021」を放送する。

今回はカズレーザー(メイプル超合金)、加納(Aマッソ)、ニシダ(ラランド)、前田裕太(ティモンディ)、上田航平(ゾフィー)が集結! カズレーザー以外は全員初参戦という新たな顔ぶれに。

そんな本好き芸人たちが、厳選したお気に入り作品を蛍原徹&ケンドーコバヤシにプレゼンするほか、本好きあるあるを連発する。

「最近読んだお気に入り作品」では、メンバーたちの読書傾向が明らかに。

洋書もよく読むという加納は、尊敬する翻訳家について熱弁。芸人にオススメの1冊を紹介する。

続いて前田が「SFで一番おもしろい作品が出てきた!」とプレゼンを始めると、「楽屋で前田がこの本を読んでいるのを見て、本好きなんだなと思って声をかけた」というカズレーザーも大絶賛!

一方、幅広いジャンルを網羅するカズレーザーは、大人になった今読むとおもしろい本や旅行できなくても楽しめるガイドブック、ファンが多い辞典など、目からウロコの作品を紹介する。

また読書芸人たちは、読む本を選ぶ際のポイントや実践している読み方などについても持論を展開。カズレーザーが登場人物の名前が覚えられないときの対処法とは?

さらに、上田はネタ作りにつながる読書法も披露するのだが…!?

ほか、こだわりの収納方法やマニアックな蔵書が明らかになる芸人たちの自宅本棚も公開!

「ラランド・ニシダ本屋の歩き方」では、蛍原から「(ピース)又吉と好きなジャンルが近いから話合うんちゃう?」と言われたニシダが実際に書店をひと巡り。普段と同じ流れで棚をチェックしていく様子に密着する。

書店におけるニシダのルーティンとは…?

書店員の注目度も高いこの企画で、はたして“NEXT又吉”は誕生するのか?

※番組情報:『アメトーーク!』「本屋で読書芸人2021」
2021年12月2日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事