テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

空気階段、冠番組で「熱望していた企画」が実現し大興奮!

空気階段の地上波初冠番組『空気階段の空気観察』。

12月1日(水)は、空気階段がかねてから熱望していた企画「激安建もの探訪」が放送される。

じつは、鈴木もぐらと水川かたまりは『渡辺篤史の建もの探訪』の大ファン。本家が「こだわりのつまった住宅」を紹介していくのに対して、今回はそれをオマージュした企画「激安建もの探訪」として都内2軒の激安物件を探訪する。

若手時代に家賃1万7000円の物件に住んでいたもぐらは「今回は“激安物件”ではなく敬意を込めて“レジェンドハウス”と呼ばせてもらいます」と冒頭から意気込みたっぷり。いったい、どんな発見が生まれるのか?

まず訪れるのは、足立区にある家賃2万5000円の物件。

もぐらは、玄関を開けるとすぐに姿を現す急勾配の階段に「急ってことは無駄が省かれている」、歩くと少しきしむ床には「防犯の観点から良いんです」と、本家の「建もの探訪」で渡辺篤史が住居を褒めるように“レジェンドハウス”ならではの居心地をベタ褒め。

自身が若手時代に住んでいた部屋を懐かしむかのように、愛着のある激安物件を細かく紹介していく。

◆水川かたまり大興奮!憧れだった“ある設備”

2軒目では世田谷区の高級住宅街のそばに佇む家賃2万円の物件を訪問。こちらでは実際に住んでいる方の部屋を内見して興奮がピークに!

住人から「快適なので死ぬまでここにいたい」と語られると、もぐらは「もし今一人暮らしだったら住んでると思います」と本音がぽろり。

かたまりも住人から聞かされた“ある設備”に「これ、めっちゃ憧れてた」と大興奮を見せる。

さらに、「激安建もの探訪」のお礼として空気階段の2人が物件のSPキャッチコピーを提案。大満足だった“レジェンドハウス”に対してどんな言葉が飛び出すのか?

※番組情報:『空気階段の空気観察』(バラバラ大作戦
2021年12月1日(水)深夜2:21~2:41、テレビ朝日(関東ローカル)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事