テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

「イタリアまで行って買ってきてよ!」ももクロ・佐々木彩夏、勝手にプリンを食べられて大激怒!?

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

 

前回に引き続き、番組の進行はテレビ朝日アナウンサー・弘中綾香が担当する。

今回のテーマは「謝罪」。吉本興業で数多くの謝罪会見を取り仕切ってきたという“謝罪のプロ”竹中功さんが、ももクロの謝罪スキルをチェックする。

メンバー同士、仲のいいももクロ。これまではケンカもほとんどなく、佐々木彩夏曰くケンカは「メンバーvsスタッフ」の構図が多かったのだという。

いきなり「すみませんでした!」と登場した竹中さん。「怒り」を「理解」に変えるための極意をももクロにレクチャーしながら、「マカロンは謝罪に似合わない」といった明日から使える実践的なテクニックも伝授する。

そして、今回はさまざまな場面における謝罪のシミュレーションで、ももクロの“謝罪王”を決定することに。

まずは3日連続で寝坊してしまった新入社員・佐々木が、部長の高城れにに謝罪。「仕事の手際が悪くて業務時間中に終わらなくて、家で仕事してたら寝坊しちゃいました」と丁寧に経緯を説明する佐々木。

しかし、だんだん部長への要求がエスカレートし、「モーニングコールをしていただいてもいいですか?」とまさかの逆提案。

「できそうもないことを言ってできることだけを決める、交渉はうまいですよ」と竹中さんも絶賛していた。

続いて、先輩・玉井詩織の傘を間違えて持って帰ってしまった後輩の高城。「昨日めちゃめちゃ濡れて帰ったんだけど!」と第一声からブチギレる玉井に対し、必死で謝る高城は、最終的に「雨が降ったらカッパを着てくる」と提案する。

「ふたりの仲のよさが出てたんで、一件落着ではないですか?」と竹中さんも満足げなコメント。

続いて、先輩から借りた太宰治の本をなくしてしまった玉井。「私、太宰治ラブじゃん?」という百田夏菜子演じるギャル風の先輩に対し、玉井はひたすら平謝り。

本をなくされたショックで「太宰治…」と号泣する百田に、玉井は「次のバイトのときに『人間失格』を買ってお返しします」と提案する。それを聞いて「私まだ読んだことない」という百田に、佐々木からは「読めよ好きなら!」と痛烈なツッコミが入る。

最後は冷蔵庫のプリンを勝手に食べてしまった母親・百田と、それに激怒する娘の佐々木。

「イタリアのお土産だったんだよ!」「イタリアまで行って買ってきてよ!」と実際に百田が弟に言ったというセリフで、とことん厳しく追及する佐々木。しかし、最後は「ステーキを用意したから」というひと言で無事に事件は解決した。

「謝罪」をテーマに、それぞれのキャラクターを生かした寸劇を披露した4人。竹中さんも「誰がコントの道に進むのかと思うと楽しみです」と、ももクロの演技力を高く評価していた。

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2021年11月20日(土)深夜3:20~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事