テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ヒコロヒーが“医学”の講義!「ニキビってなぜ治りにくい?」を解説すると…林修も感心

11月20日(土)、厳選した人気マンガから教養を学ぶバラエティ特番『学ぼう!マンガ大学院』が放送される。

マンガには勉強になる&ためになる作品が多くあり、学べるテーマもさまざま。

そこで今回、マンガ大学院のたった1人の生徒・林修に向けて、麒麟・川島明、ヒコロヒー、ぺこぱ・松陰寺太勇のマンガ大好き芸人3人が教授に扮して熱い講義をおこなう。

さらに、芸人教授たちの研究助手として各分野の専門家も登場し、いっそう“ためになる”解説を実施!

マンガ大学院の職員としてMCをバカリズムが、大学院臨時職員としてゲストMCを高橋ひかるが務める。

また、マンガを紹介する際には、『美少女戦士セーラームーン』の主人公・月野うさぎ役や『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役など数々の人気作で活躍する・三石琴乃と、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のプロデューサー役や『アナと雪の女王』のオラフ役などで知られる武内駿輔の人気声優2人が貴重な生アフレコを披露する。

◆ヒコロヒーによる「医学」の講義!

ヒコロヒーが教えるのは「医学」!「体の仕組みが学べる医学マンガ」として、シリーズ累計800万部の超人気マンガ『はたらく細胞』を紹介する。

擬人化した細胞たちにより、ケガや病気をした時の細菌たちの働きをわかりやすく描いているこのマンガだが、ヒコロヒーが「そのうち日本の医学書はすべて『はたらく細胞』に変わるんじゃないか」というほど勉強になるそう。

今回は「『かさぶた』ってどうやってできるの?」と「『ニキビ』ってなぜ治りにくいの?」という勉強ポイントを講義。なんと、この講義を受けた林が「このメカニズムははじめて知りました。勉強になりました!」と感心する場面も!

林も知らなかった、マンガに描かれている驚きの内容とは?

※番組情報:『学ぼう!マンガ大学院
2021年11月20日(土)ひる2:30~3:30、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事