テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・佐々木彩夏「年齢を感じる」&高城れにが長ゼリフに追い詰められる!

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードは2本立て! 前半では、名物コーナー「定点観測」をお届けする。

今回は、東京明治座で行われた『週末ヒロインももいろクローバーZ LIVE「origin」』の初日に密着。会場の一角に設置されたカメラに、メンバーはどんな表情を見せてくれるだろうか。

そして番組後半では、#573〜#575に引き続き「THE HARAHARA FOUR」をお送りする。

ももクロの4人が協力しながら、さまざまなゲームのでクリアを目指すこの企画。ラストチャレンジの「カップスロー」に成功すれば、「叙々苑サラダ付き」のご褒美がもらえるが、はたして結果はどうなる!?

◆高城れに、大緊張の長ゼリフ。その終わりない旅路。

最初にカメラの前に登場したのは高城れに。この日はいつになく緊張しているようだ。

それもそのはず。この公演は2部制だが、第2部で披露する『Survival of the Fittest -interlude-』の長ゼリフは、日替わりで担当が変わる。そして、この日の第2部の担当が高城なのだ。

第1部終了後も、カメラの前に来てはinterludeを暗唱するがうまくいかない。そこに座長の玉井詩織が登場。「死ぬほどやっても頭に入らないの!」と弱気な高城のセリフ練習を見守ることに。

しかし何度か繰り返したあと、「お腹が空いたから、食べてこよ〜」と言って高城を残し、去っていく玉井座長であった。

◆セリフは言えないけれど…やっぱり“持ってる”れにちゃん

次にカメラ前に登場したのは三つ編みツインテールの百田夏菜子。スタッフから高城が長ゼリフを覚えられないと聞いて、カメラの前に呼びつける。

10回以上練習しても成功しない高城は、ますます追い詰められていく。

玉井も合流し、泣きの一回が行われることに。百田と玉井に成功を祈られながら、ようやく成功か…?と思った刹那、なんとセリフの裏で流れてる音楽がストップしてしまうというハプニング。

これには玉井も「れにちゃん持ってるね」と感心し、百田には「曲が止まっちゃうってないよ」と笑われる高城だが、「あとひと言で成功だったのに…」と落ち込んで、しゃがみ込んでしまった。

このあとも本番ギリギリまで練習するが…本番では無事に成功したのか。その結果は次回!

◆あーりんの立ち食いケーキ

佐々木彩夏はケーキを持ってカメラの前にやってきた。「芸能界は早いもん順だって聞いたので、一番最初にケーキを取りました」と笑うと、玉井が「早いもん順じゃないよー!」と言いながら、割り込んでくる。

しかし、タオルにくるまり乱れ髪の玉井は「おいしそう。でも、寝てたんだぁ…」と言ってすぐに戻っていく。

ケーキの誘惑に一瞬起きたが、睡魔に勝てなかった玉井。なんとも愛らしいシーン。本編を観て、ぜひ確かめてほしい。

佐々木は引き続きケーキを食べながら、高城の長ゼリフ練習について「大丈夫だよ。みんなも間違ったって答えわかんないでしょ? これ覚えてる人いないでしょ。間違えても気づかれないよ」と笑い飛ばす。豪快なあーりんと、心配性なれにちゃん。対照的なふたりがおもしろい。

「こないだ浪江(女子発組合)でさ、明治座借してもらってさ、やらせていただいたんだけど、めちゃ疲れた」と笑う佐々木。

浪江女子発組合とは佐々木がプレイングプロデューサーを務める福島県浪江町を中心に活動するアイドルユニットで、数日前に明治座でライブを行っていたのであった。「歳感じる。昔、1日3回公演やってたのすごくない?」と昔を振り返る。

そんな「Zepp Tokyoライブ1日3回公演の舞台裏」も、テレ朝動画『ももクロChan』#17で観られる。ももクロの歴史のほとんどすべてをカバーしているのが、この番組だ。

そして佐々木はケーキを完食し、満足げに去っていった。

◆「カップスローチャレンジ」ついに奇跡の大成功!

番組後半は「THE HARAHARA FOUR」。前回失敗した「カップスローチャレンジ」だが、制限時間を3分から5分に延ばし“泣きの一回”を行う。

最初に成功したのは玉井。第1回「THE HARAHARA FOUR」では、ただひとり「カップスロー」を失敗した玉井の成功で、チャレンジクリアへの期待が高まる。

自らが成功したあとも、献身的にカップを補充し、大声でアドバイスをする玉井。その甲斐あってか、百田と高城も成功。残されたのは佐々木だ。

佐々木はその長い腕を活かして、カップぎりぎりのところから放るという、反則スレスレのスローを見せる。MCの東京03・飯塚悟志も「ずるっ! 体幹がすごいな!」と認めざるを得ない。

そして残り2分を切ったところで、補充を受け取りながら、なんとなく投げた佐々木のカップが見事イン! 無事、「いつかの叙々苑サラダ付き」を獲得した。

念願のご褒美をゲットしたももクロ。今回の「THE HARAHARA FOUR」を振り返るが、やはり話題に上がるのは、百田の「俵事件」だ。この衝撃を見逃した人は、ぜひ#573を観てほしい。

次回の「THE HARAHARA FOUR」ではパーフェクト賞の「ハワイ旅行」が当たることを願ってやまない。

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2021年11月12日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事