テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

優(相葉雅紀)、偶然にも“宿敵”と対峙!母の死にまつわる衝撃の事実が…<和田家の男たち>

相葉雅紀主演の異色ホームドラマ『和田家の男たち』。

本日11月5日(金)放送の第3話では、相葉演じる優の母・りえ(小池栄子)の死にまつわる衝撃の事実が明らかになる。

◆和田家の秘密が明らかに!

“将来の総理大臣候補”と言われる若き政治家・清宮恭介が国土開発大臣として入閣し世間を騒がせるなか、その名前に眉をひそめる秀平(佐々木蔵之介)。

じつは、清宮とその父親はりえの事故死に深く関わっており、秀平は密かにそのことを調べ続けていた。

そんなことを知る由もない優だったが、ある日秀平と寛(段田安則)が清宮について話しているのを耳に。思い切って「初入閣する清宮さんってどういう人なの?」と寛に尋ねてみるものの、はぐらかされてしまう。

そんななか、優は「バズとぴ」の取材で千葉県のカッパ祭りへ。

なぜか祭りに参加する羽目になってしまったその帰り、偶然にも事故現場の視察に来ていた清宮と遭遇し接点を持ってしまい…。

まさか優が宿敵・清宮と会うとは思ってもいなかった秀平は、ついに優にりえの事故の真相を明かし!?

まさに和田家の“宿敵”とも言える人物が登場する第3話。優もその事実を知るところとなり、早くも物語は大きな展開を見せる。

◆優たちの宿敵となる政治家役で高橋光臣が登場!

そしてそんな“宿敵”である政治家・清宮恭介を演じるのは、高橋光臣。

『科捜研の女』やNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』でその存在感を発揮し、近年は多くのドラマ、舞台などで活躍する高橋が和田家に大きく関わることになる因縁の政治家として登場する。

今後の物語でも清宮がどんな動きをしていくのか、そして優をはじめとする「和田家」の男たちにどのように関わってくるのか?

◆取材先のカッパ祭りで優が衝撃の初体験!

一方、“和田家の宿敵”である清宮に出会う少し前、「バズとぴ」の三ツ村に言われ千葉県のカッパ祭りを取材しに来た優。

従来通りその地でおこなわれている祭りを取材しようとするが、あれよあれよと祭りに参加することに!

お祭りのメインイベントは“河童の川流れ”だそうで…。謎に包まれた祭りで優の身に一体何が起きるのか?

◆第3話 あらすじ

新総理が誕生し、組閣のニュースが伝えられる中、“将来の総理大臣候補”と言われる清宮恭介(高橋光臣)が国土開発大臣として初入閣して大きな話題を呼ぶ。

和田家ではいつものように、新内閣について秀平(佐々木蔵之介)と寛(段田安則)の間で討論が。しかし優(相葉雅紀)は、2人が密かに話していた「あの子を守れ」「りえ(小池栄子)さんもそれを望んでいる」という会話が気になっていた。思い切って「初入閣する清宮さんってどういう人なの?」と尋ねてみる優だったがはぐらかされ…。

しかし優は、まだりえが亡くなる前、夜遅くに自宅で言い争っていた秀平とりえの口から“清宮”という名前が出ていたことを鮮明に覚えていたのだった…!

そんな中、優は『バズとぴ』の三ツ村翔星(正門良規)に依頼され、千葉県のカッパ祭りの取材へ。

なぜか祭りに参加する羽目になってしまった優だったが、偶然その帰り道に、トンネル崩落事故の現場を視察に来た清宮と出会う。

その映像を目にした秀平は、清宮に関するある衝撃的な事実を優に明かし…!?

※番組情報:『和田家の男たち』第3話
2021年11月5日(金)よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(一部地域で放送時間が異なります)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

TVerでは、最新回を無料配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事