テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

“名バイプレイヤー”松尾諭、『科捜研の女』に11年ぶり出演!マリコとやり合う重要人物に

沢口靖子主演のミステリー『科捜研の女 Season21』。11月4日(木)放送の第3話には、名バイプレイヤー・松尾諭がメインゲストとして登場。

数多くの作品で独特の存在感を放ってきた松尾が事件の鍵を握る“最重要人物”を演じ、沢口ふんする榊マリコと激突する。

◆松尾諭、11年ぶり『科捜研の女』出演!

第3話では、大手IT企業のカリスマ社長・磐田誠一郎(西ノ園達大)が自転車ごと爆破され死亡する事件が発生。

マリコたちの鑑定が手がかりとなって、松尾演じる超弱小アプリ開発会社の社長・越智弘基の存在が浮上する。

越智は、磐田が主催したスマホアプリコンテストに出場し酷評されたことから被害者に恨みを募らせていると思われたが、じつはもっと深い憎悪を抱いていた事実が判明。それらを突きつけられた越智は、「俺が爆弾を仕かけたっていう証拠でもあるんですか?」とマリコを挑発する。

演じる松尾は、『相棒』シリーズの切れ者弁護士役や、『必殺仕事人』シリーズの同心役などで活躍。素朴なキャラクターからクセのある役柄までこなす、いわずとしれた実力派だ。最近では自伝風エッセイがドラマ化されることも決定するなど多才ぶりにも注目が集まっている。

そんな松尾が『科捜研の女』に出演するのは、『season11』第9話で捜査線上に浮かぶ宅配便アルバイト男性役を演じて以来、約11年ぶり。今回は、屈折した思いを抱えてアプリ開発に野心を燃やす男を人間味たっぷりに表現している。

◆兵頭功海も超自信家のIT男子役で登場!

また第3話には、越智が社長を務めるアプリ開発会社の最年少メンバー・溝口晴翔役で兵頭功海も参戦。

兵頭は2019年、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日)のカナロ/リュウソウゴールド役でドラマデビュー。

2021年だけでも『遺留捜査』(テレビ朝日)、『ブラックシンデレラ』(ABEMA)、『DIVE!!』(テレビ東京)など立て続けに話題作に出演し、2022年公開予定の映画『消せない記憶』のW主演も決定している期待の新進俳優だ。

『科捜研の女』では、ITスキルに絶対の自信があるものの対人スキルには難がありすぎるひとりよがりなキャラクターをしっかりと体現。物語が進むうち、晴翔もまた磐田に深い恨みを抱いていることが明らかになるが、はたして彼は事件に関わっているのか?

※番組情報:『科捜研の女 season21』第3話
2021年11月4日(木)よる8:00~よる8:54、テレビ朝日系24局

『科捜研の女 season21』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後にドラマ本編を配信。また、過去全シーズン&スペシャルドラマ250話以上も見放題配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事