テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

佐久間良子、102歳母が逝去。1日3作品の過酷な撮影を乗り越えられたのは母のおかげ

10月26日(火)の『徹子の部屋』に、佐久間良子が登場する。

2021年4月に最愛の母を102歳で亡くした佐久間。

高校を卒業後東映に入り、すぐにスター女優になった佐久間が1日で3作品を撮影するような過酷なスケジュールでも体調崩さなかったのは、料理をつくり深夜になっても寝ずに待っていた母のおかげだったという。

母はチャレンジ精神旺盛で90歳になってから刺繍をはじめ、さまざまな物を刺してきた。

妹弟との形見分けのときには、一番好きだった母の刺繍をもらい宝物として自宅に飾っているそう。

そんな佐久間は3人の孫のおばあちゃんでもある。

最近、娘一家が保護犬を引き取った。

可愛い仔犬ではなく、あえて過酷な状況で飼育されていた犬を引き取ることを選び、その意味や責任について話す娘と孫のやりとりを見ていて、孫の成長に驚かされたと話す。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年10月26日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事